August 31, 2007

つい最近まで酷暑が続いていたかと思いきや
ここ数日はすっかり秋の風が入り込んできてます
日が沈むのが早くなり、すこし寂しさを感じてます

 

さて、水曜から金曜は更新ほとんどないかも、と公言してから予想通り平日のアクセス数は減少していますが、それでもこちらに毎日のように来てくださる方々、本当にありがとうございます。ちょっと気にかけてくれるだけでも大変有難いです (アクセス数アップはモチベーションアップに繋がってますよ! 本当に感謝してます) おかげさまでここ数日はアクセス数が一桁にならずに済んでます 急激にアクセス数を伸ばしている●●●●● さんのところを羨望の眼差しで見つめながら、google で 『  "英語へのポジション"  』 と検索して 1100 Hit に到達してニヤついてます(← ネクラ?) 始めは 0 Hit だったわけですから...

ここ数日更新したい病にかかってたので今日は雑記ということで

 

私の職場(?)では月1のduty があります。論文を抄読してモーニングカンファレンスで紹介しなければなりません。 (私個人を特定しうる情報を恐れずに書きますが...) 現在私のところは約20名くらいでこのカンファレンスを運営していますが、平日5日だと4週でその順番が回ってきます。

主に紹介するのは自分のテーマに関わる論文ですが、私の場合は最近の雑誌から面白そうなものを一つ選んで紹介しています。特に自分の研究テーマに深く関連していなくとも、新奇性が高く内容が興味深ければ迷わず読むことにしています。自分の専門から外れてしまうと理解が難しくなることは多々ありますが、そこは自分の地力を底上げするチャンスだと考えてあえて自分のテーマ以外のものも読んでみたりします。ただ、一つ申し訳ないのは、自分の専門でないことから、プレゼンの説明が不十分であることが多い、ということです。ただ、有難いことに、意図的な手抜きでなければプレゼンが完璧でなくともある程度は寛容していただけるところが私の職場のいいところであると思っています。

たいてい準備は1週間くらい前に自分の抄読する論文を決め、1〜2日前に論文を読み終わり、前日にPower Point を作成しています。問題なのは、Power Point 作成中に分かっていたつもりの内容が実はよく理解できていなかったということが 『常』 ということです 分からないことがあれば当然調べます。 知らない情報を獲得する上での最近のお気に入り方法は、Google  imageあるいはYahoo 画像から検索することです。文字情報だと検索結果が膨大すぎてあまりパッとしないサイトを点々とする羽目になります。 また、Pub Med をもちろん利用しますが、適切なReview を発見できたときは加速度的に理解が深まりますが、新奇性が高すぎる論文の場合は利用できる先行論文がなかなか見つからないことがあります。一番困っているのは、私が読んでいるPaper の Reference が引けないことが多々ある、ということです。地方大学の図書館レベルでは無尽蔵にオンラインで論文を引ける環境に無いわけです。ココがもっとも学習上のネックとなっています。 この点、画像からたどり着いたサイトには初学者でも分かりやすく纏まっていることが多いです。今やサイエンスの理解を最も助けてくれるのは企業の薬品情報だったりします。カタログが最も分かりやすい情報源のような気がしています。

あ、そうそう、英語を学ぶときにも画像から検索するのは非常に有用ですよ! たとえば、外国のくだもの、外国の食べ物などのイメージが分からないときは画像検索で一発です。 最近では、pecan pie や chocolate fudge というのがうまくイメージできないときに画像を調べて一目瞭然!!!ということがありました。百聞一見に如かずですね

(あれ? 何の話でしたっけ? あ、そうそう)

それで、知らないものを調べていると、とてもとても時間が足りなくなってしまいます。論文の読了が前日までに済んでいないと徹夜になる事もあります。昨日は久々に徹夜をしないで済みました けれども帰宅は12時を回ってましたね。当然のように英語学習は無理で、今朝少しやりました。

最近、論文を読むときに自分のリーディングスピードが少し速くなっていることに気づきます。英語学習をする2ヶ月以前とは明らかに違ってきてます。英語学習をするようになったきっかけの一つとして、論文を早く読み、時間をもっと効率的に使いたい!というのがありました。少し本業での成果が出てきてうれしく思っています。もっと正確に読み・理解し、使える英語力を磨いていきたいですね。スピーキングはまだまだ使用に耐えないので今からです。英検1級レベルにはなりたいと思っています。(大分先の目標ですが...

おし! いまから英語します! みなさん、楽しみましょう!

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  



k_pinkcat at 21:24コメント(13)トラックバック(0) 
雑記 

August 27, 2007

8月ももう少しですね
このブログも2ヶ月が経過してしまいました
成長してるかな?

 

え〜と、面倒なこともやる?、で書いたオリジナル(?)CDできました。
いや〜、途中で意味あるのかなぁ〜、なんて思いながらせっせと作っていましたがなかなかの出来です。

最初の作成にかかる予想時間は累計で22時間程度でしたが、だんだん時間短縮のコツをつかんで想定より早く出来上がりました。 とはいっても多分 15〜16時間くらいかかったと思います。前回と今回の土日に集中的に編集しました。

どんなものが出来たかというと、

DUO3.0 の基礎編は 日本文 → 英文(slow) → 単語・熟語 → 英文(natural speed) という構成ですがこれを 日本文 → 英文(natural speed) に編集しました。CD 5枚分

DUO3.0の復習用は英文(natural speed)のみのものであり、リスニングで単語・熟語を覚えているかは確認できますが、瞬間英作文としては使えません。ですから自分で編集しました。

total CD2枚分です。予想通り 約 140分となりました。 B's Recorder GOLD 9 を使用しましたが、無音分割の詳細設定が出来れば作業はもっと早く済んだかもしれません。 0.5 秒間隔は厳しい せめて0.1秒間隔で設定できるようにすれば、リピーティングCDの作成も楽になるのに、と思いながらの作業でした。

もう既に1週間前から1枚目を使用してますが、やはり時間かけて作ってよかったと思います。自分の抜け落ちた穴がいくらでも出てくるではありませんか!!!

私のうる覚え爆発程度が見直されて、もっと精度の高い単語知識に役立つことでしょう。9月に向けていいジャンプ台になると思います。やはり、聞く(知ってる)と話す(使える)との間にはものすごい大きな差があることを思い知りました。けれどもこのステップを越えていかねば先はありません。

あ、それと悩みが一つ増えちゃいました。

 

TOEIC を1月に受けるのをどうしても回避したい

いや、ですね。私の職場のお偉いさんがマラソン好きなんです。だからその方のお供にマラソンに出ることになるかも知れないんですが、1月のTOEICの日にかぶるんですよね やばい、やばい。

けど1月に受けないと半年で900 のコミットメントを反故にしてしまうことになるし...どないしよう?

一つだけ解決策があります。

 

11月で900越え... 

今のペースじゃ厳しいぞぉ〜 (T_T)



k_pinkcat at 01:02コメント(11)トラックバック(0) 
ボキャビル | スピーキング

August 26, 2007

今日は特に挨拶抜きです

 

英語学習をするにあたって色々なサイトを参考にされる方は多いでしょう。こんなにも英語学習法が簡単に検索できる世の中って素晴らしいと思います。

さて、今日は 「かかってこい、英会話」 というサイトを拝見した感想を書きたいです。

本気の英語学習を始めてまだ間もない私ですが、いろいろ学習する上で気づくことがあります。こうすれば効率的だ、とか、リスニングが分かるようになるってこういうことなんだ、とか。話せるようになるっていうのはきっとこういうことね、とか。自分の実体験は今後の人生にも非常に役に立つと考えています。

効率的な英語学習を進めていく上で自分よりも上級者の教えを請う事は非常にためになります。何を学ぶにも大切なコツの一つとして、教わったことを忠実に実行する、というのがあります。

いま、簡単にスルーした方のためにもう一度いいます。

教わったことを忠実に実行する

これが大切なことかたびたびあります。

なぜ、その教えに従わないとうまくいかないかとか考えずにとにかく実行してみる。その理由に時にはうまく納得いかないことがあってもとりあえずやってみる、それが大事なことってありませんか?

もちろん確固たる裏づけがあれば素晴らしいですが、中にはそこまで丁寧に指導してくださらない方もおられるので、時には、やりたくなきゃ別にやらんでもいい、と突き放されることもあるかもしれません。まあ、俺を信じてやってみぃ、的な徒弟的発想は日本文化の一つかもしれません。

徒弟的と括ってしまえば聞こえが悪いかも知れませんが、おそらくもう一つ理由があるのかも知れません。説明したところで結局理解してもらえない、ということを親方はしっているかも知れないからです。だから何も言わない。。。

(え〜と、私は何を言いたいのでしょう

今年になって私が学んだ一押しの座右の銘を紹介したいのです

 

人は物事が分かったからできるようになる

のではなく、出来るようになって初めて

そのことが分かるようになるのだ

 

ということです。残念ながらその言葉をどなたから学んだのか忘れてしまいました。スミマセン

人の理解というのは不確かなもので、分かったつもりでいても実はそこまで到達していないことが良くあります。こればかりは実際に行動しなければ分からないことが山ほどある場合があります。だからこそ経験というのは重要なのです。

いろいろな情報が氾濫する中で頭でっかちになって実際に行動できなくなることがあります。私の周囲の人間でこの人はできるな、と思わせるひとはみなバイタリティに溢れていて、よく学びそしてよく行動する人々です。どれが欠けていても出来るひとにはなれそうもないです。そして、できる人はみな明るさを心に持っている、というのが共通しているような気がします。竹田和平氏も天真爛漫であれ、と言ってますね。(え? 誰それ、って? 日本の花咲爺さんです (笑))

上記と同じような内容のことを <かかってこい、英会話> のコラム <これを知らずに英語を勉強するつもりですか?> の <No.20 英語とスポーツは一緒> に書かれています。表現は違えど同じ事を指摘しておられます。

このサイトは一回は行ったことはあったのですが、あまり良く見ていませんでした。発音を重視されることを強く勧めています。私のブログ、英語をゼロから始めるとしたら何から始める?、でもこのサイトを見る前に書いたのですが、同じ結論です。まあ、私が英語に関して感じていることなんてほかの誰かが既にどこかで言っていることだとは思いますが、英語上級者の方と同じ考えかたをしてる、と知ってなんだか嬉しくなっちゃいました。(深みは違うかも知れないけど

もう一つ、二つほど書きたいことがあったのですが今日はこの辺で

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります

 



k_pinkcat at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 
リスニング | 雑記

August 25, 2007

こんにちは!
だいぶ気候もやり過ごせるようになりました。
市場も落ち着きを取り戻しつつあります
しばらくの間は上値を多少抑えられるでしょうが
底堅く推移するだろうと考えています
2年に1度くらいはこのくらいの暴落は過去にも
みられています。私の感覚も<またきた>、
という程度で比較的落ち着いていました。
長期投資家として良きパートナーを見つけていきたいものです

 

さて、英語ですよね?

最近VOA2003 に移行していることは前回述べました。中には3分も続くものがあって、終わりはまだか、まだかと思いながら聞いている自分に気づきます。

また、車の中ではDUOとスポットアナウンスメントを聞いています。

するとやはりリスニング精度が増していることに気がつきます。

これは内容を知っているための錯覚なのかな? 

と最初は思っていましたがどうやらそうではないようです。

私は意識的に聞き取りやすいものから聞き取りにくいものを順次選ぶように心がけてきました。まだ継続的リスニングを始めて間もないので、あせらず聞き取れるようになるまで何度も同じものを聞くように心がけてきました。いま、ようやくスポットアナウンスメント (SA) を始めてから1ヶ月が過ぎようとしています。総計で100時間くらいのリスニング量でしょうか?

DUOからSAへ移行したときは聞き取りに難渋しました。最初の10UNITはそれこそ50〜60回くらい聞いてもまだ良く聞き取れない、という状態でした。しかし、時が経つにつれてスピードについていけるようになり、細かい子音が<耳に残る>ような感覚が芽生えてきました。

この <<子音が耳に残る>> 感覚が非常に重要な感じがしています。

実際に発音されたタイミングより後からやってきてしばらく耳に残ってくれるんです。 なんていったらいいのだろう? 音の滞在時間が長い、とでも言うのでしょうか? うまく伝えられません。

子音がねっとりまとわりつくように発音してくれる人が中にはいますが、こういう人の聞き取りが非常に楽になりました。逆に子音があいまいな人の会話の聞き取りは難しく感じてしまいます。それと s と t の発音がだいぶ耳に残ります。いわゆる有声音が耳になじんできてるのでしょう。日本語には有声音は非常に少ないですが英語はバリバリです。英語のスピードに適度なスパイスを与えてくれます。この有声音のリズムが最近のお気に入りです

jo さんが以前、Native並みの発音をするにはどうすればいいか? について書かれていましたが、腹式呼吸で発音すると楽に有声音が出せる、ということを書かれていて、なるほどな、と感心した覚えがあります。 (jo さんは日本語も腹式呼吸だそうです。 音楽が大好きでそうなったんだろうなぁ、と容易に推測できます) 私も英語を話す際には、聞き取りやすさを重視して、この有声音を大切にしたいですね。

(話を元に戻しますと...)

DUO は完全に短文をスタジオ収録しているため雑音が非常に少ないです。また、女性の方は非常にクリアな発音をされるのでNatural Speed に近い速さで喋ってもきわめて聞き取りやすいです。最初はこんな風に意識することなどありませんでした。

SAは若干スピードアップしていますし、会話形式になっているため聞き取りにくさは増していますが、それでも広告でありますから、今ではこれでもかなり聞き取りやすい英語なんだなぁ、という気がしてきてます。雑音もほとんどありません。

いまやってるVOAニュースフラッシュ(2003)ですが、ニュースアンカーとレポーターが主に喋ってますがレポーターの音声には雑音が混ざってきていますし、会話スピードも中には非常に早いものもあります。また、各国のレポーターがいますからそれぞれ色々な発声上の特徴が見受けられます。恐らくこれでも聞き取りやすい部類の英語なのでしょう。なんせ、ニュースですから そのうち街中の雑踏で生の英語を聞くことになるでしょうがきっと今よりずっとずっとタフなものになると想像しています。

英語耳の松澤さんも出来るだけ崩れた音を聞き取る訓練をしたほうがいいと仰っているそうですが、どんな場面でも聞き取れる能力を養うにはそのような訓練は必須でしょう。いわんや、TOEICをや。聞き取れないなんてありえないのだろうなぁ... いま、私はL350ですからヒヨコもいいところです。出来るだけ早いうちに聞き取り能力の底上げをしていきたいところです。

リスニングは英語の最も基礎となるものでしょう。

なんでこの年になるまでやらなかったのだろう、と悔やまれます。学校教育で今後いっそう力を入れて取り組まなければ、この重要性は軽視され続けるでしょうね。そういった試みは既に始まっているそうですが日本の将来のために、リスニング強化、期待してます。

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 11:10コメント(5)トラックバック(0) 
リスニング 

August 23, 2007

大分暑さも和らいできた感があります。
日中の焼けるような日差しも優しくなってきました
早々と秋の知らせを感じつつあるkpinkacat です
今日は木曜日ですが機嫌がいいので書いちゃいます
けど、朝って時間があまりないので手っ取り早く

 

最近、語学学習の停滞ぶりをどっぷり感じつつあります

伸びが感じられない、実感できない時期はどうしてもモチベーションが下がり気味になってしまいますが、学習はなんとかこなしています。ん〜、最低でも2時間は確保してます。基本は3時間くらいかな?車の中をいれたらもうちょっとかな? というところです。

え? 時間少ない、って

そういえばここは、

 

< ロウソク > 英語独習地獄部屋 体験記 < ロウソク >

 

でしたね もっと地獄見るように勉強しろ!と聞こえてきますが、これ以上ムリです、物理的になんてたって、英語学習以外は仕事してご飯食べてお風呂入って、あとは寝るだけ ほんとにそんな生活をしています。

昨日はプリズンブレイクの録画を消化しちゃいましたが...
(あ、やめて... 投石禁止

 

さて、最近ひしひしと感じていることがあります。

私のリーディングスピードは何故伸びないんだろう?

多分コレなんじゃないか、とうすうす感じてはおり、再三書いてきましたがやはりビンゴみたいです。
原因は <<語彙力>> 間違いないでしょう (←普通すぎ?)

9月以降の学習を考慮する上で最近茅ヶ崎方式のテキストをちょろちょろと収集しています。月刊の英語教本も手に入れました。この茅ヶ崎式の月刊英語教本は時事ニュースを基本4000語を使用して書かれていると思います。ですから、少なくとも1度は見たことのある単語で構成されており異常な難しさを感じることはありません。しかしながら読むスピードはそれほど速くなれない 

この雑誌の構成は1ヶ月で20UNITの構成になっており、それぞれのニュースは最近の日本の時事ニュースなので比較的とっつきやすいです。UNITごとにWORD TEST、 LISTENING COMPREHENSION TEST (LCT)、日本語訳、Questions on the News が載っており次ページの見開きにその解説事項が載っているシンプルなものです。

基本的には別売りのCDを購入して、まず聴く力に重点をおく というところが強調されております。茅ヶ崎方式の考え方として 「聴けない言葉は話せない」、というもっともなことを指摘し、「独自に厳選した4000語の使用語化」を目指しています。

つらつらとテキストを眺めながら感じることは 知っているような感覚になっている単語に 時としてなじみのない使われ方がみられる ということです。これは私の英語インプット量が絶対的に足りてないことが一目瞭然です。また、UNIT17〜20はWriting トレーニングに当てられているのですが、知っているつもりの単語を組み合わせるとこのように洗練されたものになるのか、と感心します。

基本単語を思うように操れていない。ここがダメだから伸びない、そう実感しました。

よく巷で TOEIC 600〜750くらいで伸び悩み、ある時期から急激に900くらいまで駆け上る、という現象が見られるそうですが、世の中のほとんどの人はこの基本英単語の使用語化が遅々として進まず、700点台でフラットを経験してしまうのではないでしょうか?Writing を意識化して実践する人はこの時期を早い段階に越えていき、スムーズな伸びを経験するのではないか、と思うようになりました。 英語4技能は平行して鍛える必要がある、といいます。ただし、あたしの場合、Writing も時間をかけていたらおそらく半年で900といのは無理なような気がします。では、どうするか?

 

 

徹底リスニング

それも毎日最低2時間。なぜ、2時間か? もちろん、jo さんお勧めだから
(もっと自分で考えろ! と聞こえてきそうです

いま、VOA 2003 を聴きまくってます。はっきり言って難しいです ただ、スクリプトを読んで内容を理解したら聞き取れます

難しいのは慣れない政治用語のためで、純粋に聞き取れないという状態ではないようです。TOEICはスピード重視のテストです。900のスコアを持っていても話せない人がゴロゴロいるのは周知の事実でしょう。私もひとまずはそこまでリスニング重視で到達するつもりです。そのレベルに引き上げてからリーディング精度、スピーキング精度を高めていこう、と考えてます。おそらく、短期間でTOEIC900 を達成するほとんどの人々はリスニング重視型のひとびとなんだと思います。

ヒアリングマラソンがひそかな人気を保っているのは、本当に毎日3時間のリスニングを達成した人の中に900超えを短期間で成し遂げる人がいるからなのではないでしょうか? ただし、毎日3時間続けられない人がヒアリングマラソン購入者の8割以上を占めると私は踏んでますが・・・(あ、ゴメンゴメン、言い過ぎました  投石禁止

 

今日はこの辺で

 

ありがと 暑さも彼岸まで! 頑張りましょ

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります


 

 

 

 

 



k_pinkcat at 08:03コメント(4)トラックバック(0) 
リスニング | ボキャビル
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking