August 07, 2007

昨日の続きです。

 

音を認識する際には、ヒトは特別な能力を用います。

音を選別し自分の聞きたいものを拾おうとするフィルター機能を持ち合わせています。

音楽を聴く際にも

「ドラムを重点的に聞ききたい」とか

「いや、今度はベースを」

というように、恣意的に音を捉えることが出来ます。

リスニング時にはこのフィルター機能をフル活用していると思いますが、それでもなお聞き取れない

一体全体どういうわけなのでしょう?

 

ヒトは見たり聞いたりすることを実在すると思っていますが、実はそうでない場合も多々あります。ヒトは時に幻覚を見たり聞いたりします。正常なヒトでも空耳を経験することはあるでしょう。脳を介して外界を捉える限り実在する物を正確には捉えていないことは多いのです。

Aという景色をみても何度も見ている人と一度しか見ていないヒトにはAというものの捉えかたがかなり違います。

同様に同じ音楽を聴いても、音に感性が高いヒトとそうでない人の捕らえ方は全く違ったものになります。

つまり、予備知識があるかどうかが物事を正確に捉える、または正確に予測することに差異をもたらすのではないでしょうか?

 

英語リスニングも単語や慣用表現を知っているか否かで理解スピードは格段に異なります。

 

今私がやっているのは音を捉えるトレーニングです。それも意味のあるものを脳に聞かせて理解させるトレーニングです。反応は瞬時です。音は待ってはくれません。

ある音を聞いてその音を聞いたことがあるか脳内で検索し、意味を取り出し、意識に上らせるのです。余程慣れない限りコレを瞬時にやり遂げるのは難しいのは容易に理解できます。

けれど、いつも私の甘えは、音がキャッチできれば意味も理解できる、と誤認したがってしまいます。現実そんなに甘くないようです。

 

では、どうすればいいか?

もう、答えは言いましたよね?

初めて聞くモノを1回で聞き取ることに一喜一憂するのではなくて、聞く内容をあらかじめ完全に理解してから聞くべし!

これだけです。

 

理解はしたけど聞き取れない場合は?

音読を何度もするんです。結局、正確な音がどんなものかが分からないから聞き取れないんです。

自分で発声すれば、いやでもどんな音なのかを脳が自動的に理解してくれます。

もちろん、自分の聞き取りたい速さで正確に発音できなければ、正確な音を記憶させることは出来ないでしょう。(発音は重要よ!)

ポイントは意味を理解しながら音読することです。そうすれば、その音はこういう意味なのだと同時に脳は記憶してくれることでしょう。

音読を早くすることって難しいです。私も自分の舌の鈍さにイライラしながらやらせています。筋肉を動かすことは小脳をきたえることだと以前に言いました。この小脳君、覚えは悪いですが、一度覚えたら忘れないでいてくれる、愛らしい存在です。ぜひ、弁舌能力を鍛えましょう!スピーキングも出来て一石二鳥です。英語4技能は同時に鍛えるべきだというのは、きっとこういうわけだったんですね?!

そうそう、私自身、最近シンクロ音読をたまにします。スクリプトを見ながら音源と同じ速さで読み上げます。すると、イントネーションや発音の違いを的確に知ることが出来ます。コレも正確な音を認識するための工夫の一つですね。

以前は全く聞き取れなかったNative のマシンガントークを何度も聞くうちに、最近聞き取れることが少し出来るようになって嬉しく思ってます。はて、1発で聞き取れるようになるのはいつになることやら、まだまだ私の格闘は続きます。

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 23:46コメント(4)トラックバック(0) 
リスニング | 記憶

日差しの強い日々が続いています
この照りつける太陽のように
愛されてみたいなぁ

なんて

 

近頃、更新期間が長めになっています

え〜と、諸々の事情もあるのですが、わざわざここに来てくださる方のためにもあらかじめ予告しておきます。私のライフサイクルの都合上、水曜から金曜のブログ更新はかなり厳しいかと。。。

英語学習を疎かにすれば可能なんですが、それでは本末転倒なので。。。水曜日から金曜日には更新はヨッポドでない限り無い、と思ってください(こんなん書くと常連さんは本当に誰も来てくれなくなるかなぁ

それと、土日のどちらかにはほぼ更新可能と思います。英語学習上有用な、面白いイベント発生時には両日共に更新出来ると思います。更新されなくなったら死んだか、英語学習をやめてしまったと思ってください

実際、ブログ書いていると、あれも!、これも!と思い、2時間くらい平気で経ってることがあります
もう!勉強しろ(-_-メ)

 

今日は引き続いてリスニングの話です。

今使っているのは

「AFN スポット・アナウンスメント」

です。

番組中の区切りや時報の直前などに、コント仕立てや読み上げ形式の、生活上のアドバイスや基地内の催し物情報が入ってくる これがスポット・アナウンスメントです〜〜〜〜

と小冊子に書かれています。

聞いてて、飽きません。おかげでリスニング中に1度しか爆睡してません
(やっぱり、寝るんか!

私のリスニングの方法としては

1.まず2〜3回試し聞きします

2.スクリプトを軽く読み飛ばします。

3.もう2〜3回聞いて見ます。

4.分からないところをチェックし、今度はスクリプトの完全理解をします。

5.また聞きます。

6.それでも聞き取れないときは音読します。

7.また聞きます

8.それでも聞き取れないときは、シンクロ音読します。

9.無謀にもシャドーイングを試みます。(速すぎるぅ〜)

分かりやすく、よく聞き取れる場合は5のところで終わりますが、よく聞き取れないときはしつこくやります。9までいくときはたいていその日は満足するほどには聞き取れないことが多いです。

しかし、細切れの時間を使用するときには、新しいものは聞かないで古いものを聞くことにしているのですが、これを何回も繰り返していると1日目では聞こえなかった音がだんだん聞き取れるようになります。英語耳ドリル状態です。

いま、こんな感じでトレーニングしています。

 

さて、今日のポイントは何でしょう?

リスニングトレーニングで大事なことは、joさんに言わせれば、

初めて聞くモノを1回で聞き取ることに一喜一憂するのではなくて、聞く内容をあらかじめ完全に理解してから聞くべし!

だそうです。


初めてきく英語を

一発で聞き取れるかどうか、

の実力試しは、

英語の学習ではない

という事を理解しましょう

(jo さんのお言葉を無断転載しています


リスニングが出来ない原因は

1.単語を知らない

2.慣用表現を知らない

3.文法的把握が出来ていない

4.音がキャッチできていない

5.アーティキュレーション / イントネーションに慣れていない

6.内容保持が出来ない

7.イメージ形成が出来ない

8.文章中のバックグラウンドを知らない

などなど、たくさんあります。詳しくはjo さんのブログのココから参照してください。
(他にも色々過去ログに書かれているので一度全て読まれると為になります って、フツウ全部読まないか あたし3週目+コメントまでだけど(大汗)(滝汗))

 

 

あ、日付が変わってしまったので続きは別の日に

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 00:19コメント(2)トラックバック(0) 
リスニング 

August 04, 2007

どんなことをするにしても克服すべきハードルがあります

その最たるものに決めたことを実行する、というのがあります。

何か自分に課せられた仕事として実行するのは迷う余地はありません。それは実行してしかるべきものです。けれども、個人的に何かやりたい、こんなことをしてみたい、と思っても、時に重い腰が上がらないことがあります。やってみたいなぁ、と自分の都合で思っていても、仕事ならいともたやすく出来てしまうのにひとたび個人的なことになってしまうとなかなかやれない、実行に移せない、そんな事ってありませんか?

私はそういうことが良くあります

やるもやらないも自分の自由、今やらなくても決定的な支障はない場合、物事を先送りにしてしまうんです。

今年の私の一つのテーマとして『具体的に行動する』、というのがあります。英語を勉強しなおす、というのもそのテーマの一端を担ってます。英語に関しては今年だけでなく、これから先ずっと継続すべきものですが、今年になって一歩踏み出せたこと、また、このブログを始めてからそのスピードが加速されてきたことを本当に喜んでいます。

こちらのサイトに毎日のように足を運んでくださる人がいます。コメントを残されなくても気にしてくださる方がいます。私にとって何よりの励みです。感謝しています。

さて、テンションあげていきましょう!!

 

今日のお題は  【決めたことを実行する】  です。

わざわざこれを取り上げるのは、上述のとおり私が  【決めたことを実行できない】  からです。

特に何かを学ぼうとするときに、色々な情報を集めて、この方法がいい、あの方法がいい、あのテキストは最高らしい、などなど、私の集中力を削いでしまうことは良くあります。

また、何かを学ぶときに気をつけていることがあります。

 

テキスト代はケチらない

あたし、結構物を買うときは慎重です。家電製品買うときはディスプレイの前で2時間くらい商品を見比べることは多々あります。

けれども、本だけは欲しいと思ったら買ってみる、を基本としています。

なぜか? あれば読むこともありますが、なければ絶対に読めない。
学ぶネタだけは事欠かないようにしています。

一方、情報がたくさんありすぎてどのテキストを集中的にやるか、という問題も必ず付随してきます。
恥ずかしながら、この年まで色々なものを学んできましたが、

 

穴があくまで一つのテキストを極めたことなど一度たりともありません!!

 

本がたくさんあるぶん、色々なものを参考にし、いわゆる共通項目を抑えておく、というのが私の今までの勉強法であったのです。

だから、復習の習慣なんて私にはあまりないんですよ!

復習をすればもっともっと学習精度が上がるのではないか、と常々思ってました。
もっと一つのことを集中的に磨く方が力がつくのではないか、と感じてました。

復習を十分しない、教材を色々やりすぎる、これがあたしの欠点です

そう、

 

英語学習においてそんなやり方は通用しない

私なりの結論です。

身に付けるまでしつこく、しつこく

身についたら次の段階へステップアップ

 

今までと全く逆!

 

もう、いったいどうしてくれるのよ!

叫びたくなります。

そんな衝動抑えつつ、軸をぶらさない、これに尽きます

 

なんで、こんなこと今更書いてるのかといいますと、

以前から凄く興味があった茅ヶ崎方式のテキスト購入しました。

初級と中期級のbook- 1,2 だけ。

一体どういう内容なのか、どうしても気になって買ってみました。

すると、

 

やっぱコレいいみたい

joさんのところでたびたび紹介されている茅ヶ崎方式

簡単に説明しますと、

基本4000語を基盤に listening を中心とした段階的学習によって国際的コミュニケーションに役立つ本格的な英語の力を身に付けることを目標とする

と書かれております。

基本4000語の使用語化 を目指しております。

詳しい説明はさておき、コレはいずれ本格的にやることにしました。

何れ本格的にやる

いまはやらない。絶対にやらない。もう決めたんです。8月にやることは。
だからやらない、絶対にやらない、本当は今すぐにやりたいけれどやりません!

もしやり出したら今までと同じだもん

軸をぶらさない、これに尽きます

今までと全く逆!

今までと全く逆!

今までと全く逆!

今までと全く逆!

今までと全く逆!

今までと全く逆!

 

ありがと 

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 07:38コメント(9)トラックバック(0) 
雑記 | 茅ヶ崎方式

July 31, 2007

7月も最後となりました
あと、残り5ヶ月
モノにせねば

本気で半年でTOEIC900狙えるのではないか、という気になってきました。
え? 今まではハッタリだったのか? って
いえいえ、とんでもない。本気です。ブログ立ち上げたときから本気です。
本気になって自分の尻に火をつけて、モチベーションを出来るだけ保つためにこうして書いてるんです。ただ、今までは

本当に半年でTOEIC900なんていくんかいな?

自分の恥さらしてお終いになるん、ちゃうん?

ってな感じで、とてつもない不安がありました。
(もちろん今もありますが。。。)

けれど、今日ふとしたきっかけで少し、ほんの少しだけ光が差してきたような気がするんです。

それというのも、前回のTOEICもそうでしたし、以前から非常に強く感じていたことがありました。

英文処理能力が極めて遅い

これをどうにかしない限り、TOEIC900はあり得ない。
しかし、どうしたら良いのかいまいちよく分かりませんでした。

jo さんの最近のコメントによりますと、
(念のために言っておきます。今後2度と同じことは申しません。ここは英語独習地獄部屋です。あたし真剣です。joさんの名前がたびたび登場するのは当然です。彼女の常軌を逸するほどの努力と真剣さが、半年という短期でTOEIC 930へ導いたことに感動しました。最初彼女の存在を知ったとき jo さんの勉強量に圧倒されました。フツウ、英語初学者が英語学習のためにビデオ100本なんかみませんて!しかも1、2ヶ月そこそこ程度の期間で。才能とか言うレベルではなく、心のそこから何かに真剣に取り組むことこそ大事だと再認識させてくれた彼女に私は多大なる敬意の念を抱いております。決して茶化したりしているわけではないことをどうぞご理解ください。私のチャレンジは彼女のように真剣に取り組めば誰でも同じようなことが出来るのかというものです。私はタイトルにあるように私の完全フリーな時間の最大ポジションを、恐らく約70〜80%を英語に投資してます。残りの20〜30%はご飯食べたり、お風呂入ったり、気に入ったブログにお邪魔させてもらったりしています。あ、寝る時間は別ですよ  ですから、もし、jo さんのサイトをからかっているんだな、と思われた方は以後誤解無きようお願い致します。英語上達完全マップの道、というサイトが英語上達完全マップに則ったものであるならば、基本的にこのサイトは『TOEIC900越の次?絶対使える英語力』というサイトを主として参考にさせて貰っているということです。
あ、ちなみに私は jo さんを凄く尊敬してますが、神聖化しようなんて思っちゃ おりません。彼女のボケには突っ込みますし、時には平気でjo さんをやウマ扱いします(笑)(わー、jo さん、嫌いにならないで〜〜〜〜〜〜) あ、ちなみには「いぬ」と読んでくださいね。決して <dog> とは読まないでください。 あ、やめて...投石禁止

(ん? 長すぎて前置きが...あ、そうそう、) 


jo さんの最近のコメントによりますと長文を早く読むためには100パッセジ程度の英文を時間を計って、時間を意識しながら読むようにすれば良いそうです。

こうすれば、イヤでも速さを意識します。

また、文章を一つの塊のように捉え、単語ごとでなく意味のある集団を一纏めに捉えることが大事だと過去に言っておられます。

いわゆるチャンク chunk ですね。

文章を読む際に1行だけでなく、視野を広げて2〜3行に渡って追うようにすると良い、とも言っていたように記憶してます。

こういう考え方は速読の基本と思います。日本語でも、です。頭を動かさずに目を左から右へすばやく移すことから始まり、次第に一行を一纏めに視野に入れるように心がけ、ついには行ごと視野に入れたまま上から下へ視点を動かすことで速読する、というものです。速読法は単語を完全に認識できる慣れた言語でやるべきものです。

しかし、あたしのレベルでは今から意識的にやったとしても、

はて、うまく認識できるかいな? 

という不安がありました。


そこへ来て今回の breakthrough!早速、現れました!

う〜ん、こんな感覚久しぶり、また逢えたね

って感じよ!!!

何が起こったかというと、早くなったんです、英語理解速度が!明らかに意識できるくらい!!

なんか?あたし、特別なことしたかな?最近?
たぶん、リスニングよ!リスニング!

どういういきさつかというと、3−5月初旬ごろ良く遊んでいた、
TOEIC TEST DSトレーニングを久しぶりにやったんです。気晴らしで。
これはやりかけたまま、長い間放置してました。花はすっかり枯れてしまっていました。
テストモードで久しぶりにやったのですが、
リスニングは2回連続満点、リーディングも9点と8点でした。
別に点数なんかどうでもいいんですよ、今は。

今回感激したのはそのスピード

このソフト、問題数が400問しかない関係で同じ問題がでることがあります。同じ問題がリスニングででたのですが2ヶ月前までは所々聞き取れなかったところが今回はクリアに聞き取れる!以前はリスニング問題10問中に、???と思うことが何度もあったのに今回はせいぜい1度か2度くらい。。。 確実に聞き取り能力上がってますよ!  

しかも、驚いたことに、いつもはリーディングセッションは時間が足りなくてtime up、というパターンが圧倒的だったのに対し、今回は2回とも時間は十分足りてました

私の驚きは、

リスニングによって文章処理能力が向上した結果、リーディングに於いても処理能力が向上した、

というところなんです!(本当にリスニング効果なのか定かではありませんが...)


いまはAFN スポットアナウンスメントを使ってます。スピードはなかなかのものですが、内容はCMなので至って平易。とりあえずは、難しいものでなく、純粋に音を聞き取ることを鍛えるためにこれを選んだのですが、こんなに短期で成果が実感できるなんて思いもしなかったのでびっくりです。(なんか、英語教材の感想みたいな文章だな(笑))


私たちは自分の知っている単語すら聞き取ることが出来ない、ということを以前書きました。この原因は自分の発音とnativeの発音に乖離がある為と思われます。ひょっとしたら、発音も少しずつ良くなってるのかなぁ、なんて期待しちゃいます(こればかりは確かめる術を知りませんが)

リスニングの大量インプット そして大量アウトプット やはり、効果はありそうです。

ここ1ヶ月間ボキャビルばかりで1分くらいの文章をリスニングするなんてこと、全くしていませんでした。もっと早くやればよかったヨ。

8月は基礎力強化月間です。特にリスニングの精度、磨き上げますぞ!
待っとれ!AFN フラッシュニュース! キミのとこまですぐ行くわ!
ん〜、俄然やる気出てきたぁ!!

 

最後まで見てくれてありがと〜 

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

またきてね

 



k_pinkcat at 20:33コメント(12)トラックバック(0) 
リスニング | 記憶

July 30, 2007

ども、この前の週末は久しぶりにフリーでした
やっぱり人間生きてるからには遊ばなきゃね
楽しむことが基本で苦難の先に歓びが無ければ
生きるってつらいでしょうね。夢は大きなほうがいいわ

 

さて、私の英語力は大したことないですが、半年後には
それなりのレベルを目指してます。
いま、大したこと無いのは学び方が足りなかっただけ。
学べば必ず前進できると思ってます。

いま、英語習得の中間点にいるとして、
もし、英語を全く知らない、ABCのアルファベットすら
知らない状況であったなら、何から学び始めるだろうか?
、とふと思ってみました。

 

あなたなら何をしますか?

 

言葉は会話によって成り立っています。
ですから、文字が無くとも成立します。
音があり、音の配列には規則があり、音に意味を持たせています。

これはどの言語に於いても共通と思われます。

そして主語、述語、目的語、修飾語、接続詞、感嘆詞etc
色々な言葉の部品がありますが、これは後から付けた解釈に過ぎません。

まず、音ありき、です。言語は伝承から発達したのです。

だから、もし私が最初から何か他の言語を習得する際には絶対的に発音を重視するに違いないでしょう。発音が出来なければ文字すら読めません。文字は学ぶための、伝えるための便利ツールです。そのツールを生かすためにも発音は最重要でしょう。

便利ツールを使いつつ、音を身に付ける。そのために文字を覚える。アルファベット、ひらがな、かたかな、漢字などよく使用される表記記号を覚え、意味のある単語を習得しようとします。それから発音されたものを聞き取り、その後に表記する。

聞く → 話す → 読む → 書く

の順番が最も自然なような気がします。

こんなことを思うとやはり語学学習の重点要素はリスニングとスピーキングにあると思います。

リスニングで大量インプット → 模倣としてのスピーキング → 自分の思考でスピーキング

これでしょうね。

では、今までのあたしはどうだったか?

なんとなくリーディング、たまにメモ程度にライティング、馴染みのあるものだけスピーキングし、ほとんどリスニングなんてしてこなかった。

だから、いまからはバランス的には

リスニングを圧倒的に強化する必要があると思います。

 

しかし、不思議と今までリスニングをしてこなかった割には私はある程度のリスニング能力を獲得していたような気がします。この年になるまでリスニングはほとんどしてこなかったのに...なぜ??

それは、発音だけは中学生のときから気をつけていたからだと思います。


高校受験のときに塾に通ってました。中学2年までは、のほほん、と英語をやってましたが、中学3年時の塾の講義は私に大変な衝撃を与えたのです。めちゃめちゃ厳しい英語の先生でした。武者震いしながら授業受けてました。興奮と緊張でアドレナリンの分泌量が普通ではなかったと思います。本当に手を震わせながら英語の講義を受けていました。高校受験には高校2年生程度の文法的知識が要求されていましたので、徹底的に英文法を仕込まれました。また、単語の増強のために1つ新たな単語を覚えるときには反意語、名詞形、動詞形、形容詞形、副詞形、同音異義語などの習得を要求されました。例えば

(adj) difficult  (n) difficulty     have difficulty in ~ing

 (opp) easy   (n) ease    with ease (adv) easily

などを一纏めに覚えるように指導されました。一纏めに覚えれば、その中の1つを忘れてしまって辞書を引くことになっても、他のものを思い出すことが出来る、という考え方です。実際非常に効果があったと思います。また、受験英語でしたから、徹底的に言い換えさせられました。今でも印象的だったのは、

On seeing me , he ran away.

というお題を与えられて9つの言いかえをさせられたりしたんです。例えばNo sooner 〜、みたいな言い換えです。いま、英語学習してますが、これと同じようなことをしようとは全く思いませんが、あの時徹底的にやったことは良かったのかもしれないと思ってます。

え〜と、話を元に戻しますと、その厳しい先生はとにかくスピーキングの際にはスピードを求めました。ゆっくりしゃべっているとチョークを投げつけられました。早くしゃべる練習をしないと絶対に英語が上達しないというんです。

カタカナ書きすると

アイ ハブ ア ロット オブ ペンズ

 →  アイ ハバ ロロブ ペンズ
(カタカナ書きは見苦しいですね

というリエゾンを覚えたのはこのときでした。その先生が言うには早く言わないと a lot of なのか、a lots of なのか lots of なのか分からなくなるだろう、というようなことを言っていました。それからというものスピードを意識し、発音を意識し、音読をスムーズに言えるようにする練習をした覚えがあります。ですから、発音的にはあまり苦労しませんでした。受験レベルでは...
昔は音読効果やシャドーイングなんていう概念は、私には全く無かったんですよ。ある意味ラッキーだったといえます。

ただ、今になって思うんです。回りの人たちを見て。あの時、発音とリエゾンを意識しなかったらこんなにひどいことになってたのか、と。大人になってから、それも随分と慣れ親しんだ発音を矯正するのはかなり困難であろうし、リスニングに大きな障害を与えかねない、と思います。

もうひとつ、改めて英語学習をする上で意識したのは、今の発音も最悪ではないが、あまり良い出来ではない、と思い始めたことです。事実、L とR の違いはなんとなくしか理解してませんでしたし、s と sh の違いをクリアに発音できていませんでした。また、有声音と無声音が不用意に入り混じっており、恐らくnative にとって聞きやすいものだとは言えないと感じました。

「こりゃ、何とかせねば。このままじゃ、リスニングが伸びない」

そこで、まず、ミニ発音バイエルが欲しいがために「英語耳ドリル」を購入しました。
実は「lose your accent in 28 days」「Clear Speech」とかも検討したんですが、jo さんが英語耳ドリルだったんで...ニャハ

そして、発音矯正はほとんど3日でほぼ良くなったと思ってます。なんだ、こんな簡単なことを不安に感じていたのか...なんて。あとは、もっと、もっと訓練して極々自然なものにしていけばいいのかなって。発音が出来るようになったのでリスニングの際にもL と R の発音の違いを聞き取れるようになってきています。また、単語を覚える際に、いつも L とR のどちらだったか迷っていたのですが、その悩みも次第に解消しそうです

まあ、そういうわけで私がゼロから英語を始めるならまず発音を重視しつつ、徹底英文法!英文法を習う間に2000語程度はすぐ身につくと思います。ここから始めるでしょうね。

あら、大したレベルでないあたしがなんてこと、英語語るなんてまだまだ早いわね。もう少しまともな英語を身に付けてから語りましょうかね?

ということで、リスニング重視で基礎力強化月間です!!

 

最後まで見てくれてありがと〜 

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

またきてね



k_pinkcat at 21:57コメント(2)トラックバック(0) 
雑記 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking