August 26, 2007

先達はあらま欲しき事なり

今日は特に挨拶抜きです

 

英語学習をするにあたって色々なサイトを参考にされる方は多いでしょう。こんなにも英語学習法が簡単に検索できる世の中って素晴らしいと思います。

さて、今日は 「かかってこい、英会話」 というサイトを拝見した感想を書きたいです。

本気の英語学習を始めてまだ間もない私ですが、いろいろ学習する上で気づくことがあります。こうすれば効率的だ、とか、リスニングが分かるようになるってこういうことなんだ、とか。話せるようになるっていうのはきっとこういうことね、とか。自分の実体験は今後の人生にも非常に役に立つと考えています。

効率的な英語学習を進めていく上で自分よりも上級者の教えを請う事は非常にためになります。何を学ぶにも大切なコツの一つとして、教わったことを忠実に実行する、というのがあります。

いま、簡単にスルーした方のためにもう一度いいます。

教わったことを忠実に実行する

これが大切なことかたびたびあります。

なぜ、その教えに従わないとうまくいかないかとか考えずにとにかく実行してみる。その理由に時にはうまく納得いかないことがあってもとりあえずやってみる、それが大事なことってありませんか?

もちろん確固たる裏づけがあれば素晴らしいですが、中にはそこまで丁寧に指導してくださらない方もおられるので、時には、やりたくなきゃ別にやらんでもいい、と突き放されることもあるかもしれません。まあ、俺を信じてやってみぃ、的な徒弟的発想は日本文化の一つかもしれません。

徒弟的と括ってしまえば聞こえが悪いかも知れませんが、おそらくもう一つ理由があるのかも知れません。説明したところで結局理解してもらえない、ということを親方はしっているかも知れないからです。だから何も言わない。。。

(え〜と、私は何を言いたいのでしょう

今年になって私が学んだ一押しの座右の銘を紹介したいのです

 

人は物事が分かったからできるようになる

のではなく、出来るようになって初めて

そのことが分かるようになるのだ

 

ということです。残念ながらその言葉をどなたから学んだのか忘れてしまいました。スミマセン

人の理解というのは不確かなもので、分かったつもりでいても実はそこまで到達していないことが良くあります。こればかりは実際に行動しなければ分からないことが山ほどある場合があります。だからこそ経験というのは重要なのです。

いろいろな情報が氾濫する中で頭でっかちになって実際に行動できなくなることがあります。私の周囲の人間でこの人はできるな、と思わせるひとはみなバイタリティに溢れていて、よく学びそしてよく行動する人々です。どれが欠けていても出来るひとにはなれそうもないです。そして、できる人はみな明るさを心に持っている、というのが共通しているような気がします。竹田和平氏も天真爛漫であれ、と言ってますね。(え? 誰それ、って? 日本の花咲爺さんです (笑))

上記と同じような内容のことを <かかってこい、英会話> のコラム <これを知らずに英語を勉強するつもりですか?> の <No.20 英語とスポーツは一緒> に書かれています。表現は違えど同じ事を指摘しておられます。

このサイトは一回は行ったことはあったのですが、あまり良く見ていませんでした。発音を重視されることを強く勧めています。私のブログ、英語をゼロから始めるとしたら何から始める?、でもこのサイトを見る前に書いたのですが、同じ結論です。まあ、私が英語に関して感じていることなんてほかの誰かが既にどこかで言っていることだとは思いますが、英語上級者の方と同じ考えかたをしてる、と知ってなんだか嬉しくなっちゃいました。(深みは違うかも知れないけど

もう一つ、二つほど書きたいことがあったのですが今日はこの辺で

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります

 



k_pinkcat at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 
リスニング | 雑記

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking