September 04, 2007

自然な会話を身に付ける 〜その2

昨日の自分の記事を読みながら、

「あら、タイトルと内容に食い違いが...

ぜんぜん、最初に私が思っていたことと違うこと書いてるような

 

まあ、私には良くあることです ((笑)←開き直ってる

 

んで、自然な会話を身に付けたいです。Native に 「なんかコイツいいたいことは分かるんだけど、妙な表現するやっちゃなぁ」、なんて思われながら優しい笑顔で会話されていたら少し寂しい気がしする。まあ、変な表現だからこそ笑いが取れることはあるでしょうけど

 

さて、自然な会話を身に付けるには一体どうすればいいのでしょう? それがいまいち分からない  映画を見まくればいい? それとも英会話書を読みまくる? それとも小説? まあ、どれを選択するにせよインプットの絶対量がまだまだ足りないのは確かよね

 

今一番注意してるのは、できるだけ今まで出会った表現を模倣するということかな。 まだまだ、模倣が大切な時期と思う。小さい頃って新しく覚えた言葉をしつこいくらいに繰り返していたのを今でも覚えている。それはまだ、限られた表現方法しか知らなくて、新しいものを覚えた喜びだったのかもしれない。とにかく飽きるまで使い倒していた。マイ・ヒット のようなものだったんでしょうね。十分使い方が分かって言葉に慣れ親しんだ頃から頻繁に使うようなことはしなかったような気がする。子供って自ずから何かを習得する能力を備えているのかなぁ? 不思議ね。

たまにどうしても 「コレ、英語でなんと言う?」 と思ったときに、考えられる限りの表現を書き出して片っ端からググッてみる。Hit数が多いものがより自然?と疑問に思いながら、一応確認みたいな作業をしたりするけど、コレって結構危険なような気がしてならない。言葉ってシチュエーションで当然表現が変わってくるだろうから、どんな場面でも使える、ってわけじゃないのだろうね。

結局、変化の少ないものを大量に 慣用表現・句動詞・熟語・イディオム などの引き出しをたくさん作っておいて、もっともっと英語というものが分かるようになってきてからうまくアレンジしていくしかないのかぁ?

まあ、ぎこちない言い回しだけは避けたいわ。

まだまだインプットと模倣ね!

 

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  

やるぞ〜〜!

 



k_pinkcat at 13:01コメント(0)トラックバック(0) 
スピーキング | 茅ヶ崎方式

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking