September 26, 2007

シェムリアップ 最終日

シェムリアップ 最終話です

さて、ヤンさん前回の話では少し失敗しましたが、それをカバーするに十分なこともしてもらいました。

私たちはその日の夜にカンボジアの伝統的な踊り(アプサラの舞)を見に行くことを決めました。ディナーショー形式なので予約が必要でした。彼が携帯電話を持っていることを確認した私の相棒はかれに予約を入れてくれないか、と頼み、かれは快く引き受けてくれました。

昼食後ほどなくして再び遺跡めぐりです。その日の最後の遺跡からは日の入りを見る予定でした。遺跡は山頂にある為に日没を見るには絶好のポイントとなっており、多くの観光客が頂上目指して山を登っていきます。中には歩く代わりにゾウに乗って山頂を目指す人々もいました。

山頂の遺跡に着いたのは4時半頃でした。まだまだ日は高かったですが、人の数はなかなかのものでした。日没直前に行ったのでは場所確保が難しいとみな知っていたのでしょう。西側を確保して人々はしばしの間、歓談で時を潰していました。私たちも地べたに座って相棒はビールを飲み始めました。私は仕方ないので水で我慢です。遺跡からはかなり遠くまで見渡せました。遠くに広がる湖もはっきりと見えました。残念だったのは地平線近くには厚い雲が一帯を覆いつくしており、とても日の入りを見れそうにはなかったことです。そうと分かってはいてもやはりしばらくの間はそこで待ち続けました。もちろん日の入りは見れないと分かってはいましたが... 何かの間違いで雲が晴れたりするかもしれないとほんのチョッピリ期待しましたが、あえなく日が沈む前に私たちは山を下りました。山を下る最中、続々と山頂を目指す一行とすれ違いながら...

私 「日没は見れませんでしたよ」

ヤン「残念でしたね」「予約した店に今から行きますか?」

相棒「お願いします」

私たちは会場に向かいました。ヤンさんとの契約は日没まででした。私たちが会場に着くとすぐさまヤンさんは駐車場のスペースを指差し、

ヤン「私はここで待ってますね。」

と、涼しい笑顔で言いました。

〜〜〜あれ?普通はここでお別れになって、今日の料金の清算して明日はどうする?、って来るんじゃないの?〜〜〜〜

彼は全く帰る素振りは見せませんでした。楽しんできてください、と言いにっこり笑いました。

会場に入り、席に着きました。食事はビュッフェ形式なのでおのおの好きなものを運んできて食べ始めました。

私「けどさあ、ヤンさん、帰るっていうと思ってたのに一言もそんなそぶり見せなかったね」

相棒「私もあれ?っておもった。けどまだ分からないよ。長くいたからextra money ね、なんてパターンかもしれないし」

相変わらずの疑り深さを相棒は爆発させて、私は苦笑していましたが、相棒がそう言うのも分かる気がしました。3カ国ほど一緒に回りましたが、とにかく今まではいつもそんなパターンでガッカリすることばかりだったのです。

私 「ねえ、あしたどうするつもり? 彼でいいんじゃないの?」

相棒「もし彼がextra money って言わなかったら明日も彼に頼んでもいいよ。昼のことは忘れてあげる。」

私 「明日も仕事もらえる気満々だもんね。私は彼だったら文句ないよ」

私たちが会場に着いたのは5時半。ショーは7時から始まり、約1時間ありました。ヤンさんは都合2時間半余分に仕事をしてくれて私たちを無事ホテルまで帰してくれました。

ヤン 「明日はどうしましょう?」

彼が切り出してきました。私も相棒と目を合わせました。無論彼でOKでした。

相棒「何箇所か回るところがありますが、明日は10時頃から出発しようと思ってます。明日はいくらくらいで引き受けてくれるのですか?」

ヤン「それは行くところによりますけど、詳しい話は明日にしましょう。目的地を聞いてから値段を決めるということで」

私 「今日の分は今払いましょうか?」

ヤン「それも明日の料金と一緒に渡してくれればいいですよ」

私たちを信用してくれていたのでしょう。彼は、それでは明日の10時に、といって帰っていきました。

 

 

そして次の日、タクシーの中でどこを回るか話を詰めました。ヤンさんは私たちがこうしたいと一応のプランを話すと、それでは時間が余りそうだから、北部に綺麗な湖があるのでそこに行かないか、と誘ってきました。その湖ではボートに乗って一回りできる、との事でした。

Yung  " I show you this plan , but whether you go or not is up to you."

かれは、up to you という言葉をここで5回くらい使っていました。完全に相棒の扱い方をつかんだ様に見えました。合格です!  しかし、時間が2時間くらいかかるということなので予定が押すこともあり、今回は見送ることにしました。

ロリュオス遺跡を3箇所見て回り、中心街に戻りました。ここでいったん彼と別れた後、5時半に待ち合わせをしました。 昼ごはんを食べ、買い物をし、少しネットカフェでブログをチェックした後、時間になりました。

待ち合わせの場所に向かって歩いていると、向こうのほうからヤンさんのタクシーがやってきました。助手席にはきれいな女の人と2歳位の子供が乗っていました。

ヤン 「私は2ヵ月後にこの人と結婚する予定なんです。」

彼は独身と言っていたので最初は驚きました。なぜ彼が彼女を連れてきたのかは分かりません。紹介したかったのでしょうか? それとも、私たちを空港に送った後に食事でも行く予定だったのでしょうか? 少し謎です(笑)

空港に着くと2日間の料金と私たち2人からのチップを渡しました。リエルが大分たまっていたので丁度良かったのです。

また、別れ際に彼に握手を求めて近寄っていたのですが、予想とは違う私の動きに戸惑ったせいか、彼は後ずさりしました。(そんなに後ずさりせんでもいいやん

私の手の中のものに気づいてくれたようで、ちゃんと握手してくれました。おまけに今度来るときは、とメールアドレスと電話番号を書いた紙をくれました。彼と色々話したいことを考えていたのですが私は一言だけ言うのが精一杯でした。ダメですね、二度と会えないかも知れないのに、いいたいことはちゃんと言葉で伝えないと。けれども、なんだか別れ惜しくなって、うまく言葉が出てきませんでした。セリフはもう完全に決まっていたのにね。

彼のおかげでカンボジアの旅行は大変いいものになりました。いつも私たちを騙そうとする人々に嫌気が差して、もうだいたいそんなものだろう、と高を括り始めたところに、ヤンさんのように貧しい環境の中でも健全に誠意を持って対応してくれる人にあえて本当にいい思い出だけが残りました。いつもお土産や宝石店、法外なレストランに無理やり寄らされたり、知らないところの乗り物に乗らないか、と連れて行かれたり、もううんざり、という気持ちと、コレも文化の一つ、という割り切りとが交錯していましたが、新たな世界で誠意あるものが成長してきてる息吹を感じて本当に嬉しかったです。

カンボジア行くなら是非若いうちに行くのがいいでしょう。一つは遺跡に上ろうと思ったら体力がある程度ないと無理だということと、もう一つはあのような環境は若いうちに目にしたほうがいいということです。

ちなみに私はカンボジア旅行のあとバンコクに着いてからずっと腰が痛くて悩まされています。いやはや日ごろの運動不足がたたって、あの程度で腰痛とは情けないです。もう年か? バンコクについてからタイの古式マッサージを2時間受けたことは言うまでもありません。腰が痛くなくても行っていたとは思いますが、なはは

脳だけでなく体も鍛えんといかんいかん! ビリーでも頑張りますか

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

9月25日の学習

L/R   90/120    3h 30min    total 5h



k_pinkcat at 02:56コメント(9)トラックバック(0) 
雑記 

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by melissa   September 26, 2007 23:46
kpinkcatさん、こんばんは。
ヤンさん、この旅行の大きな立役者ですね。
いい出会いがあって、ほんと良かったですね〜。
腰は文字通り体の「要(かなめ)」ですよ!
お大事に・・・。
2. Posted by kpinkcat   September 26, 2007 23:58
5 melissaさん、こんばんは。
実はまだ腰が痛かったりする いつからこんなに貧弱になってしまっていたのだろう? 中高では割とスポーツは得意な方だったのに18以降ほとんど運動というものをしていないからからっきし駄目になっているんです。
はあ、情けないのぉ、トホホ
3. Posted by ビビアンヌ   September 27, 2007 00:33
kpinkcatちゃん、こんばんは!

いい旅になってよかったね!
日本のタクシーでも、グルグル回られたりすることあるしね。
ヤンさんがいい人で、ほんとによかったね。
4. Posted by みそじっこ   September 27, 2007 00:38
こんばんは!
すっごく面白かったです。一気に読みました。
私は一人で行ったんですが、日本語と英語がペラペラなガイドさん(遺跡の説明をしてくれた)と、現地語オンリーの運転手さんがつきました。(今思うと贅沢な感じですね・・・)
最初はエージェントを通して2人を頼んだのですが、最終日までのプランじゃなかったんですね。でも最終日も飛行機の時間が午後なので、午前中どうする?と聞かれて、エージェントを通さずに自分達を雇ってくれれば半額以下で案内するといわれ、そうしました(笑)
多分kpinkcatさんがやめたトレインサップ湖を勧められて体験したのですが、すごく面白かったです。
5. Posted by みそじっこ   September 27, 2007 00:38
現地の学校事情やなぜか結婚事情の話などを車の中で話しながらの旅で、すごく面白かったです。途上国には、隙あらばこちらの財布の中身を取り上げようと狙ってる人も沢山いますが、それよりも自分の仕事を全うしている人の誠実さに触れると嬉しくなりますよね。
また行こうと思ってるんですが、その時は良かったらヤンさん紹介してくれませんか?(笑)
6. Posted by kpinkcat   September 27, 2007 00:46
5 ビビちゃん、こんばんは。

そうそう、今回の旅はヤンさんに感謝。自分についてくれたガイドさんや運転手さんによってその国に抱いた印象が随分変わって来ちゃったりするもんね。その点インドの印象はいまいちなんだよなぁ。きっとマザーテレサの影響を受けた心清い人たちもたくさんいるとは思うんだけど...

ガイド選びは慎重に!
7. Posted by kpinkcat   September 27, 2007 00:54
5 みそじっこさん、こんばんは。

体調大丈夫ですか? 万全の体制でTOEICに臨みたいですね
バンコクのタクシーの人たちにはもうなれちゃったけれど(バンコクのタクシーはオレンジかピンクの一色系のタクシーがいいです。間違っても緑黄や青赤の2色系のタクシーはいけません)、初めて行った国で誠実な人に会うと感動しちゃいますよ。相棒は何でそんなに感激してるん?、と冷めた様子でしたが、お前さんといった国が全て酷いんじゃい!、って言ってやりました(笑)
ヤンさんいつでも紹介しますよ!
メルアドと簇峭罐殴奪箸靴泙靴燭發鵝D兇ススメです!

8. Posted by ビビアンヌ   September 29, 2007 08:09
kpinkcatちゃん、おはよう!
はい!ビビスペシャル!(ケイレンするで〜〜〜)

旅って、人との出会いが思い出になりますよね。こうして目を閉じると、去年ケアンズ行って(秋)残ってるのは、
 親日家のインフォーメーションセンターのおばあちゃん
 街外れのカフェ(掘っ立て小屋風)で、とにかく値打ちで美味しいとフレッシュジュースを提供してくれた、二人のおばさんの笑顔!!
OPツアーのマイクロバスの日本人男性ガイドの、寒いジョーク「なんか困ったことがあったら、”アイム クリスチャン!"と言えば、たいてい大丈夫です」
誰も笑わず、シーン。。。(爆)
9. Posted by kpinkcat   September 29, 2007 09:17
5 おはよう、ビビちゃん!

旅行がいい思い出になるかどうかは当地で出会った人の影響が多いと思う。国内で旅行するとあまり人との出会いがない分記憶に残りにくいけれど、海外に行くと人とどんなことがあったか、ということだけが記憶によみがえってくるよね。建造物とかってあまり印象にないなぁ。

私ね、結構人付き合いが苦手だったりするんだけど、自分の記憶を思い返してみると人と何をしたかだけが鮮明なのね。自分が一人でしたこととかってあまり印象ないの。

私もきっと人と人との繋がりの中でしか自分の可能性を見つけられないのだろうなぁ、って思ったよ

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking