December 22, 2007

悩んだ挙句、文法からやり直すことに

ども、こんばんはです。

アメリカ調子よさげです。円も安くなってきました。クリスマスはどうなるでしょう?まあ、長期投資派の私にはほとんど関係の無い話ですが。。。上げたほうが精神衛生上確かにいいです。20%のポジションでお遊びスイングもたまにやりますから(笑)

 

あ、英語のサイトでした 以上ビビちゃん用に(爆)
(CNN EE 聞いているとサブプライムやら投資関連の話は良く耳にするんですよ!日本では投資教育がほとんど無いですけど、アメリカでは投資してて当たり前なのではないでしょうかね?ナゼ日本人は0.5%未満の利息で銀行にお金を預けるんだ?と外国人に聞かれてあなたはなんと答えますか?(笑))

本題です

まあ、タイトルどおりです。以上。

 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

 

 

 

やっぱ、そんなんじゃ許してくれないよね?

では、まじめに

一昨日、まだ手を付けていなかった旧TOEICの問題集のリーディングパートだけやってみました。多分難易度的に非常に簡単だったのでしょうけど、22分も余って終了。(どんだけ易しいの?!)

で結果 91 / 100 (←結局いつもと同じ。早いだけじゃ駄目ね)

文法 52/ 60  長文 39/ 40

明らかに文法が足を引っ張ってます。

そういえば、Grammar in Use は読んだのですが、文法の問題はあまり解いていないような。。。だから大まかなところの理解はしてても細部に甘いようです。

 

これはイカンですよ。

ホント 

 

前回の記事でも文法やらなきゃ、と書いてます。いつも5問から8問のミスが見られるんです。確かに語彙問題、コロケーションの問題は正答しにくいかも知れませんが、取るべき文法問題で落とすのは忍びないです。

あたしの場合、文法が身についていないのはスピーキングトレーニング不足が原因です。

深く考えた上で文章を構成する、という意識が少ない。
→ いつまで経っても文法が身につかない
(本当は意識しなくても<<反射的>>に正しい文法がでてくるようにトレーニングが必要なんです)

まあ、表現、コロケーション、句動詞の問題はさておき、せめて英語構造としての文法は現時点でMUSTな知識です。正確性を求めねば。どんな形でも 「使えるようにする」 ということを意識したいです。

それで、自分が何が分かっていないかを知るためには、問題を解くのが一番!、と思いまして文法書をどれにするか迷いました。

 

こんなときはjoさんとこ覗きます。

英語と英語基礎力の養成法(英文法)〜英語短期上達法 32

 

で、まあ、石井辰哉さんの評価は joさん的に高いようなので(文法以外でも)、これを目当てに本屋に行きました。そして中身を覗きました。

 

うん、いらない!私に必要なのはこれじゃない!

即決でした ほとんど中身を見てません。ぱらぱらパラ...以上!

 

けれど、問題は解く必要があるな、と思っていたので石井さんの本ないかな、と探すと、
あるじゃないですか!

 

TOEIC TEST文法別問題集―200点upを狙う780問

TOEIC TEST文法直前模試―200点upを狙う240問

直感で購入即決でした

1000問やったら十分でしょう!(というよりこれ以上やりたくない)

 

あとでAmazon からレビューを見ましたが、悪くはないようです。

辛口のお方が、TOEICにでてこないような問題まで載せてあるのはどうか、とか、解説が長すぎて何が言いたいのか焦点が分かりにくくなっている、などという意見がありましたが、それはそれでいいんです。別に私は短期的にはTOEICの点数を伸ばしたいですが(客観的評価が欲しいだけです。テストの点数がよくたって何にも私の実利になりません)、本当の目的は英語の実力を付けることです。解説長すぎるの上等です!まさしく私の望むところ!TOEICにでない問題が載っている?いいじゃない、力を伸ばすためのものでさえあれば!

ということで、文法やります。力の1000本ノックです
(小学生の力の5000題と比べれば楽勝ですな
現時点の気持ちとしては、文法の問題はもう二度と買わない気でいます。

ただし、TOEIC900越えしたら、Advanced Grammar in Use は買おうと思ってます。
え? TOEIC前に買えって?これ以上時間かけられないでしょ!

今日、60問やりましたが、なかなかどうして、いきなり考えさせられる問題があります。これは、どうやら底力がつきそうです。

ボキャビルと合わせて、励んでみます。
(結局、原点に戻れ、ってことですね)



k_pinkcat at 02:00コメント(7)トラックバック(0) 
TOEIC | 英文法

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by jo   December 22, 2007 15:51
5 TOEIC TEST文法別問題集―200点upを狙う780問


これいいよ。
私もぼろぼろになるまでやった。英語独習SM部屋でもやらせてる。
手垢で真っ黒できたない(大笑)
この文法も時間を計ってやるといいよ。

>原点に戻れ、ってことですね。

あれこれやりたくなるんだけ、基礎がしっかり固まってないとからからからから...から回るからねぇ。
多分点数が上がらないって人は、そこの部分がかけてるのに、あれこれやる人なのかなってうちの難民'sをみてると思うんだぁ。

さぁ、一緒にがんばるのだ




ウコンの力凄いね。
2. Posted by kpinkcat   December 23, 2007 00:58
5 joさん!こんばんは!

最近、その日のノルマがクリアできないうちはコメントの返事も禁止にしています。(ほんとは、メールで飛んできたらウズウズするのですが...)返信遅れ気味ですが、許してくださいね。

>↑
>これいいよ
って!! 紹介してくださいよ!!!(爆)

joさんが必死の思い出で駆け抜けた1年、どのような軌跡を描いたか非常に興味あります。ブログでいろいろ解説していただいてますが、まだまだ謎は多いです。
ミステリアスでステキ

3. Posted by kpinkcat   December 23, 2007 00:59
5 (joさん!)

TOEIC TEST文法完全攻略
は、パラパラと見ただけなのでなんともいえないのですが、文法別問題集を解いているうちに、「買うべきなのか?」と何度も頭をよぎってます。

この問題集自体、中級者がはまり込み抜け出せないツボを的確に突いてくる「文法書」、という気がしてなりません。Point解説がたまらなくいいです。教科書を読んだだけではうまく理解できないことを、問題を解かすことで意識的に文法を感じる格好の”テキスト”といったところです。

joさんおススメなら迷いはありません。私も一つ確かなコンパスを手に入れた気がします。(最も大きなコンパスは joさんですよ!(笑))
4. Posted by kpinkcat   December 23, 2007 01:01
5 (joさん!)
>多分点数が上がらないって人は、そこの部分がかけてるのに、あれこれやる人なのかなってうちの難民'sをみてると思うんだぁ。

私もその難民の一人にカウントされてる? 
今日の女の子の話もそうですが、joさんに直接指導受けている方がうらやましいです。(私も?(爆))

joさん、コメントはもちろん遠慮なしでお願いいたします。

ああしろ、こうしろ、
あそこがマズイ、勉強が足りない、
何でもいいです。全てOKです。
仰りたいことがあれば何でもコメントしてくださいね(時間の許す限り。。。)
5. Posted by kpinkcat   December 23, 2007 01:05
5 (joさん!)

>ウコンの力凄いね

あ!
飲みました?
おいしくないですか?
結構いけますよね?

シェーカー振る前に一本飲んでおけば、
お酒との上手な付き合いも出来るかな、なんて。
アルコールに滅法弱い私にとっても今後欠かせないものとなりそうです
6. Posted by ビビアンヌ   December 24, 2007 09:40
I'm dreaming of a white Christmas〜メリクリ!!

本文出だしでだったんですが、中頃で。。。コケました!(爆)終わりかい!?と思わせて。。。続いて〜

ま、ケーキ食べて終わりそう。。。イヴ
7. Posted by kpinkcat   December 24, 2007 13:19
5 ビビちゃん!

>中頃で。。。コケました!(爆)終わりかい!?と思わせて。。。続いて〜

反応してくれてうれしいじょ!
みんな素通りだもん(爆)

世の中は完全にクリスマス気分ですが、わたしゃ今夜お仕事、明日も缶詰...

ケーキにさえありつけずに終わりそうなかんじです。まあ、毎年のことだけど。。。

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking