April 15, 2012

英語で趣味を楽しむ

3月中にテニスの本読みはじめました。

去年からその兆候はあったのですが、
最近テニス観戦が趣味となってます。
今年に入ってから、ジョギングとテニス観戦、
それに単語の暗記(ちょっとだけど><;)が
新しく始めたことです。

昔からテニスというスポーツにはほとんど
縁がありませんでした。
真夜中にテレビをつけると、
NHKでヒンギスやモニカ・セレスがプレイしているのを
呆然と眺める程度でした。(大昔ww)
男子の試合は当時、サーブだけが全てに見え、
面白みを感じずに観戦することはなかったです。

去年の後半に錦織選手の存在を知りまして
(気づくの遅くてスミマセン、にわかファンです><;)
それから、ATPのホームページを見ることが多くなりました。

昔は男子テニスに面白みを感じませんでしたが、
昨今の男子シングルスはこんなにもラリーするように
なったのか、と驚きを以て見始めていたら、
いつのまにかどっぷりでしたね。

錦織選手の去年のツアー帯同コーチがBrad Gilbert氏で、
その著書に Winning Ugly があることを知り、読んでみました。
洋書なので、熱帯雨林クリックなんですが、ふとそのとき、
「この本、どこかで見た記憶があるようなきがする・・・」と。
(まあ、テニス本としては超有名なのですがww)

そういえば、yukiさんが一時期、テニス本読んでいたような・・・
と思い出す。で、サイトを訪れると、ビンゴ でした
ついでに、もう一冊クリックしちゃうのでした。
(TEX加藤先生もテニスするのかぁ・・)

日本語版      日本語版

両書ともテニスのメンタル的な部分に触れた本です。
まだ、全部読み終わってませんが、3月にはこんな本も
読み始めたりしてた、ということで。
むろん、Tennis TV.com から真夜中にライブストリーミング見ているのは
言うまでもありません。(7割程度しか聞き取れません、ゴメンナサイ

錦織選手の魅力は、粘りあるラリーとexplosive forehandです。
どちらかというと立ち上がりがスローで、
第一セットを簡単に奪われることも
ままあるのですが、そこからの錦織劇場が楽しみで
目が離せなくなってしまいます。(今年は4割の期待値ですね^^ )

第一セットを取った後の勝敗が49勝3敗というのも驚異的です。
ATP ranking Top 100 に日本人プレーヤーが3人もいる
という時期にテニスに興味を持てたのはある意味ラッキーです。
今後も杉田選手や守屋選手も合わせて応援していきたいと思います。
(添田選手、伊藤選手にはオリンピック出場争いが終わった後には、
どんどんツアー本戦で活躍してほしいものです)


k_pinkcat at 20:25コメント(2)トラックバック(0) 
読書 | 雑記

トラックバックURL

コメント一覧

1. Posted by みそじっこ   April 17, 2012 21:45
私もテニスの事はさっぱりですが、錦織選手の股をくぐらせた打ち返しにかなり感動しましたw
あと、今では暑苦しい応援団長的な松岡修造氏の、ウィンブルドンのベスト8入りの時のか記憶が定かじゃないんですけど、サーブする前に、もの凄い目をして
「この一球は唯一無二の一球なり!」って叫んだのが印象的ですね〜
あのスポーツはほんと一瞬の休息もなくてきつそう。。。
2. Posted by kpinkcat   April 18, 2012 00:26
5 みそじっこさん!

雨で中断してる間にコメントしてるなんて。。言えない><;
(一応本日のduty済ませた後なので(^^ゞ )

あの股間ロブは何度もリプレイされたので、
特に印象的でしたね。
フェデラーがやったりするとカッコいいです^^
遊びでやろうとしても簡単ではないと思います。

修造さんのことはよくわかりませんが、
あの熱血さは多少見習いたくもあります。
典型的なビッグサーバーだったようなので、
ある意味錦織選手とは対照的な存在ですね。

またコメよろしくです〜〜
IELTS頑張ってください!

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking