記憶

January 27, 2008

ども、kpinkcatです

 

今日は珍しく丸一日中PSS三昧でした。

思い出したようにP-Study System のサイトから

単語力ウェブ辞書 上級

単語力ウェブ辞書 至難

をダウンロードし、上級を徹底的にやってました。

私の場合、短期記憶を養うのに苦労します。

一度、1時間程度の短期記憶が形成されると長期記憶への移行はかなりスムーズに行くという特徴を私の脳は持っています。

覚えられないときは短期間の繰り返しが足りないときなんですね。

ForgettingCurve

 

 

 

 

(wikipedia より引用)

エビングハウスも1日後の忘却は70%以上だと言っています。短期の繰り返しは非常に大切で、4日間くらい連続で復習し、覚えなおすと1ヶ月くらいの記憶保持率が非常に高まる事は良く知られています。

逆な表現で言えば...

 

4日くらいしつこく復習しないと

せっかくやってもほとんどムダ

というわけで、効率的に勉強しようとすると必然的にペースはスローダウンするわけです。

で、高校生のときは勢いで闇雲に勉強したんですが、年を取ると、単純記憶力が低下する分、知恵を使ってそれを補うわけですが、最近の研究では、大人の記憶力は決して子供に引けを取らない、むしろ総合的な記憶力は大人の方が勝っている、と主張する方々もおられます。

私にとっても朗報ですね。

大人は子供と違って、培った情報量が数倍にも膨らんでいるから有機的に物事を関連付けて覚えられるのですかね?なぜそのような現象が起きるのか、詳細は知りませんが、きっとそんなところでしょう。

で、kpinkcat はjoさん風に ハエのようにしつこくしつこく やりますから勉強のボリューム的にはそれほど多くないです。が、何でも集中的に1つの事を仕上げます。

1回転目は 詳細に納得行くまでいろいろ調べながら遅々として進まず...

2回転目は 覚えているか確認するように、新たな気づきを確かめながら

3回転目は とにかく素早く・スピードを意識して

4回転目以降は ガンガン回す勢いで

まあこんな感じでやってます。もちろん回転数をかければかけるほど短時間で終わるようになります。

今日は PSSを使用して、 単語力ウェブ辞書 上級 をやりました。

全部やったので2000語です

ボリューム満点です。

PSS の優れた点は正解率ごとに重点学習モードがあるところです。

2000語を一通り済ませると、間違えた問題の正答率が下がってますから、間違えた問題だけ正答率が上がるまで何度も復習できます。途中で間違えた問題は15問程度消化したあとに再び問題に出てくるので超超短期の繰り返しにも有効です。1分前のことだって一発で必ずしも想起できるわけではありませんから、このシステムは強力です!

今日やったのは2000語を1回通しでやり、重点学習モードで正答率90%以下のものを何度もやり続けました。最後にタンゴリキウェブサイトに行き、実践復習しました。

2000語の1回通しのときにまぐれ当たりしたものの復習がおろそかになってますが、この通しを3回程度、あるいは日→英、英→日、とやり続ける事によってかなり精度は上がってくる手ごたえありました。新規に暗記したのは300語程度でしたが保持力はなかなかのものです。

総計5時間程度でしたが有意義な時間でした。

茅ヶ崎Book3,4が済んだら、知らない単語を入力しまくって、脳に刻み込もうと思ってます。カードを使用するかPCを使用するかの違いなのですが、私はPC派なので...

携帯性はよくないですが、集中的にやる環境があれば土日に徹底ボキャビルもありかな、なんておもいました。melissa さんも今頃頑張ってるのだろうなぁ...

 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

どなたかPass単(準一級・一級)をPSSデータにしてくれる人いないかなぁ(爆)
Memoriboのように商用ダウンロードでも売れると思うのは私だけ?!
一級用の2500語程度の問題集はあるのですが...



k_pinkcat at 02:50コメント(29)トラックバック(0) 

September 17, 2007

最近、自分のブログ読んでてもオリジナリティーに欠けるなぁ、なんて反省してます。もっともっと自分の体験記をかいていきたいとは思っているのですが。

私なりの味を出して行きたい!もっともっと

今日は上機嫌です

なぜかって? ひょっとしたらボキャビルにかなり効率的な方法を思いつたからです。

 

英語学習においてボキャビルは決して避けられない大きな壁となってきます。私も語彙はこの一年間で2000はゆうに増えたのではないかと思っていますがまだまだ全然足りません。今の私の語彙レベルは恐らく6000-7000くらいなのではないかと思っています。(専門も加えたら9000はあると思いますが... 通常は使い物にならないようなものばかりです

ですから、現時点では準1級レベルがやっとこさっとこかな、なんていう気がしています。来年には英検1級を取りたいと思っているので、語彙を今の倍程度まで伸ばす必要があります。

100語を覚えるのに皆さんはどれくらいの時間を費やすのでしょうか? 例えば1ヶ月程度の記憶の持続性がなければ覚えた、とは言いにくいでしょう。1ヶ月程度の持続性を伴った記憶なら、たとえ忘れたとしても、1度想起してしまえばすぐに理解可能な状態だと思います。

この状態まで語彙を定着させるのに私は恐らく100語に5時間くらいかかるのではないか、と思っています。まあ、この仮定が正しいとして、あと6000語覚えるのに 5×60=300時間くらいかかります。

毎日3時間、語彙ばっかりやって100日かかる計算になります。1日100語覚えたとしても60日、約2ヶ月かかることになります。いやはや、大変ですなぁ

でも、四の五の言ってる場合ではありません。コレは英語学習に must なものです!ここを突き抜けられないようならその先はないのです! しかもね、これに熟語表現などその他諸々を加えるとかかる時間はこんなものではない、 この数倍はかかることが容易に理解できます。

わたしゃとんでもないものに手を出してるのではないか?!

そんな気さえしてきます。

ボキャビルの仕方には色々な方法があると思いますが、覚えれば何でもいいと思っています。

 

1.とにかく地道に覚える

2.語呂合わせ

3.100-200語くらいを高速で何度も繰り返す

4.多読

5.語源の活用

何でもいいです!いや、全部使うべきだ、というのが私の意見です。

どのみち、どこかで思い出さなければモノは忘れるように出来ています。だから、繰り返しが大事なんです。語呂合わせは反復するのを助けてくれる非常に有効な方法と思いますが、語呂を考えるのが難しかったりします。瞬間的に語呂が浮かんだものは定着率も高い傾向にあります。語源を利用するのも語呂合わせみたいな物だと思ってます。多読をしなければ言葉の使い方なんて一向に身に付きません。だから使えるものは全部使う。単語によって使い分ければいい、それがしぜんですよね?

んで、私が最近試してコレはいいかも?、と思った方法を。

なかなか覚えられない単語ってありますよね? みなさんどんな風に覚えているのでしょう?

1.例文を暗記する

2.文脈で覚える

3.リスニングしてみる

などなどあると思うんですが、これに1つ付け加えてみません?

 

英辞郎を使い倒す

どうやってつかうかというと、アルクホームページへ行き、知らない単語を調べる。すると、

 

もうそんなにいらないよぁ

というくらい熟語などの使用法がザクザクでてきますので、そいつを

 

最低2ページは音読しまくる!!

たったこれだけ!

音読する前には必ずどこかで発音を音声で確認してくださいまし。そして覚えたい単語だけでもいいですから正しい発音で音読してくださいませ!

そうすると少なくとも1分はその単語を覚えていられます。ただし10分後には忘れてしまっていることも多々あります(笑) けれどもここが大事! 

たとえ、10分後に忘れてしまった単語でも、もう一度その単語を見直せば音とともに意味もバッチリよみがえってきますから! 

重要なのは音読の最中に自分で日本語に訳さないことです。英文の真下に日本語があるのでそれを一瞥するだけで音読に集中してください。それもスピードを意識して。とにかく速く!私たちには立ち止まっている暇などありません!

英辞郎を読むことで重要な慣用表現・熟語を overview できます。高速に多読効果が少しあるのではないかと思ってます。自分の知りたかった表現にめぐり合うこともあります。

あとは、1日後、2日後、1週間後にでも簡単に見直していただければ定着率が高まることうけあいです 短時間で復習は出来ちゃいます。

 

けど、この方法はどうしても覚えられないものだけに限ってください。全部にやるのは非効率でしょう。時間の節約は何よりも大切です。やらなきゃいけないこと山ほどありますから!

 

私は結局英語のトレーニングは聴覚刺激と小脳トレーニング(筋肉の動かし方を体に覚えさせる)が一番大事と思ってます。体で覚える!

さあ、がしがしやっちゃいましょう!

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

さあ、私も加速していきますよ!



k_pinkcat at 13:31コメント(4)トラックバック(0) 

August 11, 2007

大型連休に突入された方も多いのではないでしょうか?
私、ですか?
みんな私を休ませてはくれません(笑)
まあ、こればっかりはしょうがないかな

 

今日はですね、ボキャビル支援ツールの話です。

ご存知の方も多いかも知れませんが、私は初めて知りました。

P-Study System

です。

 

覚えたい単語、ってどんどんでてきます。

リスニングしていようがリーディングしていようが

知らない単語、句動詞、表現、慣用句などなど

単語帳やテキストに線は引いたはいいけれど、そのあとの管理が全く出来なくなってしまうことってありますよね?

 

今までの私はあまりボキャビル管理をしてきませんでした

けれども、何度も出てくる単語、今まで少なくとも3回は出てきたような単語って、やはりしっかり記憶に留めたい、と思っていました。

 

けれど、私はノートを作成してもあまり活用しない

これは、今までの人生の中で完全に証明されています  (変われよ

なぜなら、2〜3度見るとうる覚え部分が多くなってしまい、継続的なメンテナンスをする気にならなくなってしまうのです。

結果として覚えていなかったものまでもノートと共にどこにやってしまったのかわからなくなってしまう。そんな感じです。

何が問題って、まずあたしは 

ノートを作るのが何よりも嫌い

時間かかるし。。。 

資格試験を受ける前はさすがに弱点補強のためにやりましたが、そのときに作ったノートもどこへやったのやら???

学習は毎日触れるものの中に遊びの一環として取り込めたら素晴らしいです。

そんな環境を提供してくれるのが今回のP-Study Systemです。

フリーウェアなので気になる方はココから入ってダウンロードしてみてはどうでしょうか?

 

何がいいかって、忘却曲線を利用して、間違った問題は何度も問題に出してくれるところです。ここが一番気に入りました。 知っている問題の出題は少なく、知らない問題の出題は多い。こんなソフト市販でもあまり無いのではないでしょうか?(あっても、高いのだろうなぁ)

問題点として付属の問題集に少し癖があるところですかね?

自分で作った問題を誰か他の人に使ってもらいたい、というところから出発していると思われるので多少は目をつぶらなければなりませんが、学習の一助となるとは思います。

ただ単にこの既存のソフトを利用するだけでは面白くないと思います。

 

自分でデータを入力して初めてこのソフトの威力が発揮されると思います。

 

私もこのソフトを見かけたのがほんの4日前までなのでなんともいえませんが、

次のように利用していこうかな、と思っています。

 

1.ボキャビル本で何度かやったけど覚えられないものは入力(必須)

2.テキストで知らない表現に出会ったときは迷わずすぐに入力(やってみよう

3.DVDからの表現もいったんノートに書き下ろしてから、必要なものは入力 (気分が向いたら)

 

お遊び気分でならなんとかモチベーションを維持できるのではないかと期待してます。

願わくば、入力するのを面倒だなぁ、と思わぬことを。。。

 

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 17:10コメント(6)トラックバック(0) 

August 07, 2007

昨日の続きです。

 

音を認識する際には、ヒトは特別な能力を用います。

音を選別し自分の聞きたいものを拾おうとするフィルター機能を持ち合わせています。

音楽を聴く際にも

「ドラムを重点的に聞ききたい」とか

「いや、今度はベースを」

というように、恣意的に音を捉えることが出来ます。

リスニング時にはこのフィルター機能をフル活用していると思いますが、それでもなお聞き取れない

一体全体どういうわけなのでしょう?

 

ヒトは見たり聞いたりすることを実在すると思っていますが、実はそうでない場合も多々あります。ヒトは時に幻覚を見たり聞いたりします。正常なヒトでも空耳を経験することはあるでしょう。脳を介して外界を捉える限り実在する物を正確には捉えていないことは多いのです。

Aという景色をみても何度も見ている人と一度しか見ていないヒトにはAというものの捉えかたがかなり違います。

同様に同じ音楽を聴いても、音に感性が高いヒトとそうでない人の捕らえ方は全く違ったものになります。

つまり、予備知識があるかどうかが物事を正確に捉える、または正確に予測することに差異をもたらすのではないでしょうか?

 

英語リスニングも単語や慣用表現を知っているか否かで理解スピードは格段に異なります。

 

今私がやっているのは音を捉えるトレーニングです。それも意味のあるものを脳に聞かせて理解させるトレーニングです。反応は瞬時です。音は待ってはくれません。

ある音を聞いてその音を聞いたことがあるか脳内で検索し、意味を取り出し、意識に上らせるのです。余程慣れない限りコレを瞬時にやり遂げるのは難しいのは容易に理解できます。

けれど、いつも私の甘えは、音がキャッチできれば意味も理解できる、と誤認したがってしまいます。現実そんなに甘くないようです。

 

では、どうすればいいか?

もう、答えは言いましたよね?

初めて聞くモノを1回で聞き取ることに一喜一憂するのではなくて、聞く内容をあらかじめ完全に理解してから聞くべし!

これだけです。

 

理解はしたけど聞き取れない場合は?

音読を何度もするんです。結局、正確な音がどんなものかが分からないから聞き取れないんです。

自分で発声すれば、いやでもどんな音なのかを脳が自動的に理解してくれます。

もちろん、自分の聞き取りたい速さで正確に発音できなければ、正確な音を記憶させることは出来ないでしょう。(発音は重要よ!)

ポイントは意味を理解しながら音読することです。そうすれば、その音はこういう意味なのだと同時に脳は記憶してくれることでしょう。

音読を早くすることって難しいです。私も自分の舌の鈍さにイライラしながらやらせています。筋肉を動かすことは小脳をきたえることだと以前に言いました。この小脳君、覚えは悪いですが、一度覚えたら忘れないでいてくれる、愛らしい存在です。ぜひ、弁舌能力を鍛えましょう!スピーキングも出来て一石二鳥です。英語4技能は同時に鍛えるべきだというのは、きっとこういうわけだったんですね?!

そうそう、私自身、最近シンクロ音読をたまにします。スクリプトを見ながら音源と同じ速さで読み上げます。すると、イントネーションや発音の違いを的確に知ることが出来ます。コレも正確な音を認識するための工夫の一つですね。

以前は全く聞き取れなかったNative のマシンガントークを何度も聞くうちに、最近聞き取れることが少し出来るようになって嬉しく思ってます。はて、1発で聞き取れるようになるのはいつになることやら、まだまだ私の格闘は続きます。

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 23:46コメント(4)トラックバック(0) 

July 31, 2007

7月も最後となりました
あと、残り5ヶ月
モノにせねば

本気で半年でTOEIC900狙えるのではないか、という気になってきました。
え? 今まではハッタリだったのか? って
いえいえ、とんでもない。本気です。ブログ立ち上げたときから本気です。
本気になって自分の尻に火をつけて、モチベーションを出来るだけ保つためにこうして書いてるんです。ただ、今までは

本当に半年でTOEIC900なんていくんかいな?

自分の恥さらしてお終いになるん、ちゃうん?

ってな感じで、とてつもない不安がありました。
(もちろん今もありますが。。。)

けれど、今日ふとしたきっかけで少し、ほんの少しだけ光が差してきたような気がするんです。

それというのも、前回のTOEICもそうでしたし、以前から非常に強く感じていたことがありました。

英文処理能力が極めて遅い

これをどうにかしない限り、TOEIC900はあり得ない。
しかし、どうしたら良いのかいまいちよく分かりませんでした。

jo さんの最近のコメントによりますと、
(念のために言っておきます。今後2度と同じことは申しません。ここは英語独習地獄部屋です。あたし真剣です。joさんの名前がたびたび登場するのは当然です。彼女の常軌を逸するほどの努力と真剣さが、半年という短期でTOEIC 930へ導いたことに感動しました。最初彼女の存在を知ったとき jo さんの勉強量に圧倒されました。フツウ、英語初学者が英語学習のためにビデオ100本なんかみませんて!しかも1、2ヶ月そこそこ程度の期間で。才能とか言うレベルではなく、心のそこから何かに真剣に取り組むことこそ大事だと再認識させてくれた彼女に私は多大なる敬意の念を抱いております。決して茶化したりしているわけではないことをどうぞご理解ください。私のチャレンジは彼女のように真剣に取り組めば誰でも同じようなことが出来るのかというものです。私はタイトルにあるように私の完全フリーな時間の最大ポジションを、恐らく約70〜80%を英語に投資してます。残りの20〜30%はご飯食べたり、お風呂入ったり、気に入ったブログにお邪魔させてもらったりしています。あ、寝る時間は別ですよ  ですから、もし、jo さんのサイトをからかっているんだな、と思われた方は以後誤解無きようお願い致します。英語上達完全マップの道、というサイトが英語上達完全マップに則ったものであるならば、基本的にこのサイトは『TOEIC900越の次?絶対使える英語力』というサイトを主として参考にさせて貰っているということです。
あ、ちなみに私は jo さんを凄く尊敬してますが、神聖化しようなんて思っちゃ おりません。彼女のボケには突っ込みますし、時には平気でjo さんをやウマ扱いします(笑)(わー、jo さん、嫌いにならないで〜〜〜〜〜〜) あ、ちなみには「いぬ」と読んでくださいね。決して <dog> とは読まないでください。 あ、やめて...投石禁止

(ん? 長すぎて前置きが...あ、そうそう、) 


jo さんの最近のコメントによりますと長文を早く読むためには100パッセジ程度の英文を時間を計って、時間を意識しながら読むようにすれば良いそうです。

こうすれば、イヤでも速さを意識します。

また、文章を一つの塊のように捉え、単語ごとでなく意味のある集団を一纏めに捉えることが大事だと過去に言っておられます。

いわゆるチャンク chunk ですね。

文章を読む際に1行だけでなく、視野を広げて2〜3行に渡って追うようにすると良い、とも言っていたように記憶してます。

こういう考え方は速読の基本と思います。日本語でも、です。頭を動かさずに目を左から右へすばやく移すことから始まり、次第に一行を一纏めに視野に入れるように心がけ、ついには行ごと視野に入れたまま上から下へ視点を動かすことで速読する、というものです。速読法は単語を完全に認識できる慣れた言語でやるべきものです。

しかし、あたしのレベルでは今から意識的にやったとしても、

はて、うまく認識できるかいな? 

という不安がありました。


そこへ来て今回の breakthrough!早速、現れました!

う〜ん、こんな感覚久しぶり、また逢えたね

って感じよ!!!

何が起こったかというと、早くなったんです、英語理解速度が!明らかに意識できるくらい!!

なんか?あたし、特別なことしたかな?最近?
たぶん、リスニングよ!リスニング!

どういういきさつかというと、3−5月初旬ごろ良く遊んでいた、
TOEIC TEST DSトレーニングを久しぶりにやったんです。気晴らしで。
これはやりかけたまま、長い間放置してました。花はすっかり枯れてしまっていました。
テストモードで久しぶりにやったのですが、
リスニングは2回連続満点、リーディングも9点と8点でした。
別に点数なんかどうでもいいんですよ、今は。

今回感激したのはそのスピード

このソフト、問題数が400問しかない関係で同じ問題がでることがあります。同じ問題がリスニングででたのですが2ヶ月前までは所々聞き取れなかったところが今回はクリアに聞き取れる!以前はリスニング問題10問中に、???と思うことが何度もあったのに今回はせいぜい1度か2度くらい。。。 確実に聞き取り能力上がってますよ!  

しかも、驚いたことに、いつもはリーディングセッションは時間が足りなくてtime up、というパターンが圧倒的だったのに対し、今回は2回とも時間は十分足りてました

私の驚きは、

リスニングによって文章処理能力が向上した結果、リーディングに於いても処理能力が向上した、

というところなんです!(本当にリスニング効果なのか定かではありませんが...)


いまはAFN スポットアナウンスメントを使ってます。スピードはなかなかのものですが、内容はCMなので至って平易。とりあえずは、難しいものでなく、純粋に音を聞き取ることを鍛えるためにこれを選んだのですが、こんなに短期で成果が実感できるなんて思いもしなかったのでびっくりです。(なんか、英語教材の感想みたいな文章だな(笑))


私たちは自分の知っている単語すら聞き取ることが出来ない、ということを以前書きました。この原因は自分の発音とnativeの発音に乖離がある為と思われます。ひょっとしたら、発音も少しずつ良くなってるのかなぁ、なんて期待しちゃいます(こればかりは確かめる術を知りませんが)

リスニングの大量インプット そして大量アウトプット やはり、効果はありそうです。

ここ1ヶ月間ボキャビルばかりで1分くらいの文章をリスニングするなんてこと、全くしていませんでした。もっと早くやればよかったヨ。

8月は基礎力強化月間です。特にリスニングの精度、磨き上げますぞ!
待っとれ!AFN フラッシュニュース! キミのとこまですぐ行くわ!
ん〜、俄然やる気出てきたぁ!!

 

最後まで見てくれてありがと〜 

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

FC2 Blog Ranking

またきてね

 



k_pinkcat at 20:33コメント(12)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking