リーディング

July 02, 2009

最近、エコノミストを中心に読んでいます。
読めている気はしませんが、大分慣れてきたな、という感じです。

随所に理解しがたい表現があり、語彙不足に悩まされていますが、
精読と多読を分けて、頭を切り替えています。

The Economistは去年の8月から購読していますが、
その当時と比べてとっつきにくさは感じなくなってきています。
語彙が少し増えたのと、経済用語に少し慣れてきたためでしょうか?

精読で調べ上げた語句に頻繁に出くわします。
ほとんどSVL8 以上ですが、当たり前のように出会います。
(英検1級で出題されるような単語は日常生活では
あまり使われない、というような意見もありますが
耳を貸さないほうが身のためだと思ってます。
2万語はネイティブにとって超基本だと思われます。)

単語帳で語彙を伸ばすやり方に異議を唱える方もいます。
肯定される方もいます。私は両方うまく付き合ったらいい、
という考え方で、単語帳も使いますし、多読でも覚えます。
ただ、臨場感・語感をより正確に身につけられるのは
多読によるところが大きいとは感じています。
多読する時にしっかり語句を調べてあげれば、
結構覚えられるものです。

単語帳派の意見として、出現頻度が低い単語を覚えるには
多読よりも単語帳が便利だ、と唱える方がいらっしゃいます。
否定はしません。その通りですから。
ただ、英検1級やそれ以上の資格試験を求める方々は、
レアな語彙にバシバシ出会えるような英文を
選択すべきだと思いますし、レアな単語に出会えるくらい
大量にインプットが必要なのだと思います。
上級の英語力を保有している方々は、それだけ速読力も
ある程度高いので、レア単語に出会えるくらい大量に読むことも
可能となってきます。

高校生の時、受験用の英文を読むのに苦労したことを思い出します。
読んでも、読んでも知らない単語が出てきました。
今も同じです。読んでも読んでも知らない単語が出てきます。
人それぞれ自分のレベルに合った英文を読み聞きすることが重要で、
学習の過程では常に大変さは一緒なのではないでしょうか。
つまり、私もあなたも上を目指す限り、もがき具合はいっしょだと

行き着く先は雲の上です。多分、青い空が広がり太陽が燦然と
輝いていることでしょう。何年後かには達したい境地です。
歩き続ければ必ずたどり着けると思います。あとは頑張り具合で
早いか、遅いかというだけの話になってきます。
「Outliers」的にはやはり、1万時間の学習でしょうか(笑)
やれやれ、大変ですね

押してくださると励みになります ヨロシクです!!

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング



k_pinkcat at 02:03コメント(8)トラックバック(0) 

October 04, 2008

洋書多読リスト

2008年
読了日
No.    dd/mm/yy       Title                     Author                page
003  03/10/08             Who moved my cheese?   Spencer Johnson      94

002   26/08/08            The Sands of Time           Sidney Sheldon        427   
001   19/08/08            Master of the Game          Sidney Sheldon        476

Hillary さんより、後追いの Cheeseを読了。
Where is my cheese?
見切り発車のアメリカ人はSniff and Scurryか?
まあ、それだけ魅力的なものがごろごろしているのは確かです。
recession はほぼ確実な見通しの現在、Hem か Scurry か?
みんな時価が下がっていくのはもちろん怖い。
しかし、価値を手に入れる直前と言うのはいつもそんなもの。
高い買い物になるか安い買い物になるかは事前にどれだけ納得して買うかでしょ?
それで負ければ、それまでさ、なんつって

10年に一度のチャンスかもしれない現在、バフェットおじさんも大きく動いたことだしね。
(am 2:00)

Amazonからやっと届いた本。。。。
2度くらいメールしたのは意味なかったということか。
普通にきちんと届きましたよ。
しかし、同じ日に発送した物が半月の差が出るなんて、どうなっているのだ?

追記
議会可決直前にへこみましたが、2:32分無事通過。
さて、どうなる?
本当にこの法案が有効かどうか、意見が分かれています。
まあ、けれど、通過しないよりは選択肢が増えたと言うことで、
酷い混乱は避けられそう。でも、だからといって悲観的な投資家が多いのも事実
為替も不安定になるかもしれない。
まだまだ読めないのは変わらない?相変わらずの Hem か
。。。(2:45)


k_pinkcat at 02:09コメント(6)トラックバック(0) 

September 06, 2008

最近の取り組みといえば、着実にたまって来た  The Economist
どのように読んでいくか、という事でした。 知らない単語が多いです。
おまけに知らない経済用語も多いです。 
英語の勉強をするつもりで机に向かったのに、
いつの間にかWikipediaで経済用語を学んでたりします。
まあ、それも英語で読んでいるから、 まあ、いいか、なんて思いますが、
 そんなことよりも、早く決められた記事くらいは 読みきりたい
と思う気持ちが強いです。
 今のところ、The Economist(TE) のうち、
 "Leaders" "Finance and economics" に関わる部分は
読みきりたいと考えています。 これらの記事を読んでいくうちに
きっと慣れもでてきて時間もかからないように なってくると思うので、
体力が付いてきたら、
 Science and Technology, United States, business, Asia
 と手を広げて行きたいと思っております。
先ずは Finance and economics を読みつつ、
マクロ経済の方向性が一般的に どのように考えられているのか
を見ていきましょうか。

 基本的にこの雑誌は教科書として使ってます。
文脈型 語彙増強本みたいな感覚です。
なので、分からない単語は基本的に引きます。
まあ、私の場合、PB読んでいても 辞書を引く事は多いと思いますが、
 TEに書いてある知らない単語は とにかくとことんに調べまくっています。
それが、時間のかかっている理由です。

 辞書は次の順に引いています。
1.アルクのサイトから英辞郎 
2.OALD 
4.Merriam Webster Online
 (発音を知りたいときや 専門用語のときだけ) 


英辞郎のみで事足りるときはそれでお仕舞い。
ピンと来なければOALDも引きます。
以前はLongmanも引いていましたが、あまりにもOALDと酷似しているので
最近は引いていません。Cambridge は熟語とかに便利。
Merriam は発音、レアな単語があるのがいいですが、
ポップアップが多少うるさいのが難点。(まあ、仕方ないか。。。)
あ、それと、単語の説明の仕方を学びたいときには
Collins Cobuild-resource Pack on CD-Rom を使用しています。

問題なのは、紙の辞書のように線が引けない事です。
私は中学3年頃から、片っ端から調べた単語に線を引いていました。
参照した例文にも線を引いていました。どこを調べたかチェックしておけば、
どのくらい忘れて、どのくらい重要な単語かが一目で分かるからです。
単語を調べたページの中に、他にも線が引いてある単語があった場合は
その単語もチェックし、覚えるようにしていました。
 しかし、今は線が引けません。
仕方がないので、しばらく、Web上の記事はPDF化して、
PDF上から読み、その都度ハイライトさせて、辞書の意味を参照させていましたが、
何度も読む記事以外はあまり、有効な方法とはいえません。
やはり、単語を抜き取って、PSSに放り込んだ方がいいみたいです。
しかし、今度は、例文が入れにくい(泣)
ヒントの中に組み込むという方法もありですが、なんだかしっくりいきません。
(何か他にいい方法があるのでしょうか?)
私がプログラマーだったら、自分専用のソフトを開発したいくらいです(笑)
そんな不満を抱えつつ勉強していました。

で、最近、あーひゃさんがiKnow のサイトで私を見つけてくださり、
久しぶりにiKnow のサイトに行きました。
時を同じくしてみそじっこさんも「やっぱ、iKnowいいよね」って絶賛してたので
iKnowやらねば!、って思っていました。そうすると、

「いや、待てよ、そういえば最近iKnow はやたらと進化してるんだったよなぁ」
という事を思い出しました。定期的にメールが送られてくるので、
多少は情報をキャッチしてました。
ただ、いつもメールを確認する時間帯は仕事モードなので、
iKnowいじって「おお、こんな進化とげたんかい!」と、
いろいろ試していられる訳でもなく放置状態でした orz
(だって、今までTOEICで頭が一杯だったもん♪)

今までに関する私のiKnowの見方は以下の通り (過去記事から)
iKnowを利用されている方もたくさんいると思います。
私はiKnowのディクテーションは利用価値が 非常に高いと思うのですが、
ボキャビルという点では ちょっと疑問視しています。
理由は、iKnow のモードによる制限です。
一度コースを一通り学習した後に、 再度同じモノを利用できません。
一旦コースを削除するともう一度同じ様に学習できる
のかも知れませんが(←確認していません)、 また初めから、
あのような選択形式をとることに わずらわしさを感じています。
おそらく、システムの改善がなされ、 iKnowのモードも繰り返し利用でき、
復習の程度も一目で分かるようになるものと 予測しています。
しかし、しばらくは、復習できない、 という状態が続くかもしれません。
ディクテーションに限っては何度も利用できます。
利用者の中にはディクテーションモードしか利用していない
ツワモノもいらっしゃいました。

ははん、なるほど、上級者ならこういった 利用法もあるのか、
と感心させられた次第です。

で、この記事に対してみそじっこさんがコメント下さったのですが、
それに対する返信を次のように書いています。
そうそう! iKnowの魅力的なところは既存のシステムもなかなかいいにもかかわらず、現状に甘んじないで進化し続けているところです。 今回の記事はiKnowに否定的なのではなく、ひじょ〜〜〜に期待を込めて書きました。 (その辺のニュアンスの出し方が下手な私ですがご勘弁を)
そう、iKnowは進化を確実に続けています。
で、今回感動した進化は Bookmarklet です。
ぶっくまくんというキャラまで作ってます(笑)
↑ カワイイ奴め!

もう既に使っている方も多いとは思いますが、
一応機能について説明しますと、
Webページを表示させた後、Bookmarklet のJavaScriptを使用すれば、
表示されている英単語を解析し、iKnow登録済みの英単語を拾い出してくれます。
その後、カーソルをweb記事の英単語にポイントすれば、
ウィンドウが出て、単語の意味を示してくれます。
すなわち、簡易的な辞書として使えます。
それだけの機能なら、珍しくありません。
英辞郎にも付属しているそうですし(ちょっと使い勝手は違いますが)、
フリーウェアでそういった機能を持つものもあります。
スゴイのは、知らない単語をiKnowの自分のアカウントに登録できて、
それをiKnow のシステムを使って学べる事です。
つまり、自分のオリジナルチャンネルを作るようなものですね。
自分が読んだ事のある文が自動的に引用されるので、
吸収率は高くなるでしょう。(←ここがスゴイと思います)
以前読んだ文の内容も思いだすことが出来て、学習効果は高いです。
(英語で何かを学ぶ人にとっては素晴らしいガジェットですね。)

自分が持っているe-bookとかPDFもHTML化出来れば、
このシステムを利用できるかな?(←まだやっていません。)
Web上で読む英文に関してはPSSに再度登録する手間なんて、
これで必要なくなりました。
iKnow のシステムで学習すると、PSSに比べ、
一つの単語について時間はかかりますが、
編集の時間が必要ないので非常にお手軽です。
しかも、単語を登録していけば、
毎日リアルタイムで学習単語が増えていきますので、
TEを読んだ後、iKnowで学習、という私にとっては素晴らしいパターンが
構築されて非常に感激しています。

あ、それと、一度やったコースの復習も確か出来るようになったのではないでしょうか?
自分のうる覚えの単語だけ残したため、覚えてしまっている大半の単語は
私の履歴(学習完了アイテム)から消去されてしまいましたが、
復習可能ならまた繰り返し学べますし、わざわざ消去する必要もなさそうです。
これからは、既存のチャンネルよりも自作リストで
iKnowを思いっきり利用する事になりそうです。

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

あ、最近英書が大昔に買ったハリーポッター
(邦訳が出る前(笑)最初の数ページで撃沈後、放置(爆))
だけになってしまったので
洋書を追加しました。
買う予定のなかったものを書店で購入。
値段が987円と安かったものですから衝動買いです。
ナゼ衝動買い? 私の脳は二人のブロガーに犯されてました。

Living History: Hillary Rodham Clinton

The Audacity of Hope:
Thoughts on Reclaiming the American Dream


二人って誰って?この方 と この方 (笑)
Hillary と BarackObama の映像を毎回見せられると、
私も関心持たないといけないかなぁ、って刷り込まれました。
大統領候補は確定したあとですが、今読まないときっと
一生読まないであろう、この2冊を読んでみます。

まずはHillaryから。。。






k_pinkcat at 23:22コメント(17)トラックバック(0) 

August 26, 2008

洋書多読リスト

2008年
読了日
No.    dd/mm/yy       Title                     Author                page
002   26/08/08            The Sands of Time           Sidney Sheldon       427   

001   19/08/08            Master of the Game          Sidney Sheldon        476


購入してから1年が経ちましたが、ようやく The Sands of Timeを読了。
9章まで読んでいて放置していたのを、今回続きから読みました。
Master of the Game と比べて、明らかに文字数が少ない

行間が広いのです。数えてみると  約 260 words/page。
今回読んだのは427-118(9章まで)= 309page
  309x260/375 ≒214
なんか、スゴイ勢いで読んだけど、換算すると、そんなものかな、
という気もします。

感想: 相変わらずテンポのいい話展開でドキドキしながら読めました。
最後には想像もつかない結末が待っているところも ◎
まあ、けど、2冊のうちどっちが面白かったか、というと
   Master of the Game のほうかな?好みはあると思います。

ありがと
押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

現在 996/12000 pages (375 words/page)
(Since June 10th, 2008)
もうちょっとで1000page!いつの間にか37万語か!
100万語もこの勢いでいけたらいいな。

このページを書くために少し幅を広げたのはいいけど、
少しはみ出ちゃってますね。
背景もちょっといじらねばいけないか。
暇なときに修正すべし。(←しばらく放置(笑))


k_pinkcat at 20:06コメント(8)トラックバック(0) 

July 27, 2008

受けてきました!
楽しかったです!

Readingパートはそれなりの出来で恐らく90-95くらいの出来でしょう。
(相変わらず、Part5,6 の出来が読めません

一方、Listening Part は Part3で撃沈しました。
Part 3 はおそらく 23/30 かも知れません。

追記します。


(追記です)

いまTBR聞きながら書いています。

ガネーシャ入りましたぁ!(←HUMMERさん)
昨日の宣言どおりです(爆)

さて、今回のテスト前ですが、いつものように
ユンケルとコーヒーを買ったあとに会場に向かいました。
バナナ欲しかったのですけどねぇ、
わざわざどこかに寄ってまでは買いませんでした。

受験票に載っている会場がですねぇ、違ったんですよ。
同じ敷地内だったのですが、いつもと違う場所使うんだなぁ、
と思っていたら、実際はいつもと同じ場所でした。
あとで、場所が変更でスミマセンでした、って言ってましたが、
ああいうのは困りものです。

 

では、予想も含めて書きましょう。
フォームは4EIC15でした。


Part 1 10 or 9 /10
9番の問題がどうなのか分かりませんでした。
合っているかも知れません。合っていないかもしれません。


Part 2  27 /30
C の選択肢まで聞いて、
「あれ? 答えがない
と思ったのが2問ありました。
最悪、26問まであるかもしれません。

Part3 23/30
今回、ここで仕留められました。試験中

「ああ、900終わったな。。。。」

って覚悟しました。実際ぼろぼろでしたね。
感覚的にはトリプル模試並みの難易度に感じました。
ある設問の答えを選ぶのに時間がかかり、
次のナレーションを聞きながらマークする事態となりました。
とにかく、確実に6問は塗り絵をしました。
情けなさを感じた瞬間でしたね。

Part4 27/30
どこで3問間違えたかは言及しませんが、
気を取り直して、いいペースで解けたのでこんなものでしょう。
1、2問は塗り絵したかな?

ということで予想はL86問くらい。 400-440  を予想しています。

Part5 34/40
えーと、今のところ軽く回りましたが、
間違いは見つかっていません。こんなものだろう、ということで。
自信ない問題は数問あったのですが、
他の方の解答と同じだったのでいい感じです。

Part6 10/12
間違えてないかも知れませんがね。
今のところ、間違いは発見していません。
いつもは10問くらいだし。。。

Part7 45/48
二問確実に間違えました。言い換え問題と,
ジムの問題です。料理の値段と答えてしまいました。
あのなじみのある単語をあのように言い換えることを、
想定していませんでした。
いい感じで、裏を取りながら解答できました。
なかなか言い出来でした。
時間は2分前に終了でした。

Reading Part は91問はいってるかもしれません。
Part5 がうまくいけば、94問くらいまであるかもしれません。
440 - 470 くらいでしょうか?

L/R で予想レンジは 840-910 です。
当たればありですが、実力的には860いけばいい方でしょうか?


 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking



今回はいままで一番内なる気合に満ちていましたが、
けっこう楽しめました。
Part3 で撃沈している最中も、次!、次!って
気持ちの切り替えできてましたし。
結果は思い通りのものではないでしょうが、
またひとつ先に楽しみが増えたと考えて、
また今日から学びましょう。

積読用の本を買い込みました。
順次紹介していきますね。



k_pinkcat at 16:03コメント(24)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking