口語英語

September 09, 2007

こんばんは、すっかり夜風が涼しくなってきました。

昨日は硬派なお話でしたが今日は軟派?な私を

そう、いくらなんでも人って硬派な部分だけでは限界を感じます。ストイックで一直線な感じは憧れはしますが、弱い部分も持ち合わせていて、そういうの全部ひっくるめてまるごとの人格だと思ってます。そう、弱い部分とどう戦っていくかが人の生きる道だと思うんですよね。

「硬派!1」で行きたい、けど、今日は気分的にちょっと無理、なんていうときに軽い感じでの学習は必要と思ってます。真面目ばかりでつらい思いばかりが学習だとは思っていません。

何よりも楽しむ! 

これが「上手」の秘訣であることはみなさんおわかりですよね?

軟派な私の最近の素材はズバリコレです。

日本のTOEIC受験者で知らぬものは、モグリ!、と言い切れるでしょう。アルクの2種類の教材です。

「ヒアリングマラソン」(HM)

「TOEIC Test 860スーパーマラソン」(860SM)

ヤフオクでゲットしました。かなりの格安で 上記2つは「どうしても欲しい教材」というわけではなかったのですが、

 

「どうしても気になる教材」

 

だったみたいです(爆)

気にはなってるけれど、5万も6万も1つの教材に投資なんて出来ない。というのが正直なところで、新品での購入はどうしても優先順位的に無理がありました。それだけの金額を出すなら他に欲しいものがわんさかあったからです。けれども、秀逸の教材で学び、時間効率が飛躍的に伸びるなら投資価値はある、ということは認めていました。だからこそ、いつまでも気になる存在、それが上記2つだったんです。

入札は 「安く手に入らなければいらない」 というつもりでした。ココまでなら出せる、というところで必要以上に高値で落札するのは避けました。株式投資をやっていたおかげでその辺の精神コントロールは問題ありませんでした。とにかく、あとになって、「なんでこんな金額で落札してしまったのだろう」 という状態になるのだけは避けたかったんです。

私には時間が限られています。学生の頃のように無尽蔵に時間があるわけではありません(学生の頃も常に忙しく、あまり暇なことってありませんでしたが) 英語学習でもやりたい教材はごまんとありますから、それなりのものでないと買う意味が全くありません。どうせやらずに本棚の肥やしになってしまうのは火を見るよりも明らかです。

商品は無事到着し、早速それぞれの教材をやってみました。先に到着したのは 860SM でした。(念のため、860SM はTOEIC Test の旧テストに対応したものです。新テスト対応になってからは2007年4月に開講された「挑戦900点 TOEICテスト攻略プログラム」があります)

基本的には耳からの学習です。CDは26枚あります 聞いて読んで、具体的に英語を使える状態にする演習形式になっているのが特長です。

内容は決して難しいものではありません。私にはちょうどいい、と思っています。ヒアリングが少し簡単すぎるかもしれない、と感じつつ、正確性を追求するならこのレベルできちんと相手の言うことを1度で把握する能力を磨くほうが大事なのかな、という気がしています。

そう、テーマは

1度聞いただけで正確にキャッチ、ですね。

あとは、私は口語表現にめっぽう弱いので、その弱点強化になっていると感じてます。この、口語表現は「硬派!」からでは学びにくいので相互補完的になっているといえるでしょう。

また、TOEIC形式の問題が毎月あるので、問題を解く、という訓練になっていいです。最近、ボキャビル、VOAなどはやっていましたがこの問題を解く、という訓練をしていなかったのでいい刺激になっています。時間に迫られながらやる学習も捨てたもんじゃないです、ハイ。

 

一方、1000時間ヒアリングマラソン(HM)の方です。HMは非常に人気のある教材でヤフオクでもそれなりの高値で取引されています。私が安く落札できたのはかなり古い商品だったからです。そうでなければ1年分で1万円未満の落札は難しかったでしょうね。もちろん、古いのを狙ってました。ヒアリングに新しいも古いもない、と思ってましたから。私が今18歳なら、古いのを選んでしまうと時代背景が分からなくて意味が分からない、なんて事が起きたかも知れませんが、残念ながら?そんな心配は無用でした(爆)

HM自体は月刊誌 English Journal (EJ) にHM独自の教材を付加した構成になっていますが、学習レベルとしては EJ のほうが遥かに高いです。ですから、最近はEJ も CD付属が標準となったことだし(昔はCDは別売りだったようです)、こちらだけ購入というのは大いにありだと思います。 あ、それとCNN English の半年分くらいを狙ってましたが、こちらは予算オーバーで落札できなかったです。 まだ、内容を知らないのでリスニング教材が消化できたら、また狙ってみようと思ってます。

 

やっと、説明部分終わった 最近本題に入るまでが大変なのよね(笑)

 

口語表現に弱い私、また爆発してます。

EJ には3段階で難易度表示がしてあるんです。著名人のインタビューやニュース、フリートークなどがありますが、今回は星三つの項目が1箇所でした。私の専門分野、ライフサイエンス系です。星三つの理由は語彙のせいみたいなのですが、さすがに十分聞き取れました。スピードは速くなかったからです。

一方、インタビューものが3つあって、難易度は星2つなのですが... 1人に限っては全く把握できん、もう一人は8割分かるが細部が汲み取れない、最後に新人小説家の彼女は処女作で成功をおさめたみたいでガッポリ儲かったようですがいまいちいってることが分からん

 小説家ならもっと分かりやすい表現せんかい 

と成功者に少し嫉妬、なんて

やっぱ、回りくどい説明しているような文章は得意なんですが、話題がリズム良くコロコロと変わっていくものはついていけないようです。インタビューって相手の背景を知らないと理解も困難だろうけど、人が笑っているところで自分が笑えてないと強烈な疎外感が寂しい気分になっちゃう。

 

仕方ない! 頑張りますか! 口語表現! 

新たなブレークスルーを求めて!

「硬派!」ともども頑張りますよ!

(問題はこれ以上手を広げないことね

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  

 



k_pinkcat at 04:08コメント(9)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking