英語学習

October 15, 2007

こんばんは、kpinkcatです。

 

昨日は17時からの披露宴だったのですが、披露宴が終わったのが20時半ころで、結局3時まで飲んでいました。

お酒は正直苦手です。飲むこと自体には抵抗はありませんが、翌日の影響をいつも考えながら飲んでしまいます。

お酒に強いほうではありませんが、滅法弱いわけでもありません。ある程度の酒量ならこなせます。個人的にはビール大ジョッキ一杯程度が一番楽しめる量と思ってます。気分が異常に高揚したり、記憶がなくなるほど飲むことはめったにありません。どこかしらセーブしてしまします。

普段はお酒はほとんど飲みません。申し訳程度にビールを夕食のときに飲むことはありますが、350ml缶を一人で飲むと集中力の低下が顕著に現れてきます。

私が普段お酒を飲まない理由はお酒を飲んだときのボーっとした感じがいまいち好きになれないからです。普段からどちらかというとあまりしゃべるほうではありませんが、飲むともっと無口になり、頭の回転が鈍くなり急激に睡魔が襲って来ます(笑) 豚酔い?、というらしいですが、家に帰ってもう一杯!などどは決して言いません。

お酒を飲んで凄く陽気になる人たちをうらやましく思ったりします。こんなに陽気に振舞えたらきっと楽しいだろうなと眺めている自分がいるのに気づきます。 踊る阿呆に見る阿呆、同じ阿保なら踊らな損損、っておもいながら踊れずにいます。まあ、これも私の性質、とおもいながら、誰よりもうまく踊ってみたい、なんて願望も捨てきれずにいたりします(爆)

今日は一日中気分不良でした。どっぷり二日酔いです。さすがに自分の酒量を超えていました。店が閉まるまで飲むなんて何年ぶりだろうか?

2時間寝ては気分がよくなっていくのを感じ、少ししたらまた眠る。こんなことを繰り返してやっと22時ころから全快しました(笑) もう、1日は終わってしまったというのにこんな時間から頭は冴え切っています。

昨日寝不足の時には学習をスキップしてでも寝る、みたいなことを書きましたがまさかその翌日にそうなるとは予想していませんでした。結婚式というのは旧友が集まりとても楽しいひとときです。その場に居合わせるだけでもいいかな、っていう気になってしまい、ついつい飲んじゃいました。まあ、いいでしょう。学習はすぐに成果がでると嬉しいものですし、11月の試験まで期限は迫っていますが、私の場合急ぐ旅でもありません。もっともっと長丁場です。目先の2,3時間のために、旧友との楽しい時間を削ろうとは思いませんでした。

30少し前くらいからよく思うようになったのですが、明日私は死ぬかも知れない。いや、運がよければ80歳くらいまで生きれるのかもしれない。けど、いつ死ぬかなんてだれもわからないからこそ、自分のやりたいことはとりあえずやっておけ。時間なんてそんなにあるものでもない。けれど、きっとそんなにないものでもない。緊張感とある程度のゆとりとの絶妙なバランスの中で生きてみたい。

バランス感覚

うまくとれているかな? 生き急いではいないかな? 自分の器は大きく広げたいけれど能力以上に早くはこなせないのだよ。 じっくり確実に大きくしていきたいな。

 

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

10月13日の学習
Speaking40min
Listening 40min
英検DSトレーニング20min
1h 40min

10月14日の学習(軽目のトレーニングでした)
Listening 50min
タンゴリキ 100min
英検DSトレーニング 45min
3h 15min

total 67h 50min  (since Sep 24th, 2007) day 21



k_pinkcat at 01:32コメント(11)トラックバック(0) 

October 11, 2007

こんにちは、10月ももう半ばですね。
最近1週間過ぎていくのがとてつもなく早く感じています。

今日は通常の週末とは異なり、結婚式に出席します。
夕方からの予定です。
ということで、本日の学習もかなり手薄になりそうです。

 

平日の学習時間の確保が目下の課題ですが、
私は出来るだけ5時起床を目指しています。

しかし、12時過ぎても全く眠たくないときはムリに寝ようとはせず学習に当てます。その代わり起床時間をその分ずらすのです。睡眠時間は削らない方が疲れが残らずトータルではいいパフォーマンスを発揮するようです。

ただ、疲れがどうしても残るときは学習を飛ばしてでも寝ます。慢性的な睡眠不足のまま学習を無理やりしても定着率は悪くなってしまうような気がしています。要はいかに集中し、いかに学習に驚きと感動を持って対峙するかにあります。インパクトの強い教材に当たっても、受けて側のセンサーが壊れていては一体何をしているか意味不明です。

調子がいいときは5時の目覚ましに一発で反応し、スッと起きれます。こうなればしめたものです。朝に2時間の学習を確保すれば、夜遅くなっても追加の1時間でトータル3時間を確保できるからです。1時間程度では夜でも集中力をたやすく維持できますが、それ以上になると疲れが出てきて意識散漫になります。

どうやら私は朝夕分けて学習時間を確保した方がいいようです。何をするにしても後回しにするとろくな事はありません。朝にある程度のノルマを消化することは自分に余裕を与えていい結果をもたらすのかも知れません。

 

いまから出かけます。今日は学習ムリなので、明日からまた頑張ります。

今日はこの辺で

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

10月10日の学習
the sands of time 80min
プログレッシブ模擬問題集 復習 60min
G in Use 30min
Speaking 40min
(プリズンブレイク 50min)
3h 30min

10月11日の学習
TOEFL完成ボキャブラリー2000 Listening 60min
英検DSトレーニング 40min
AFN スポットアナウンスメント 40min
2h 20min

10月12日の学習
TOEFL完成ボキャブラリー2000 Listening 40min
英検DSトレーニング 40min
Speaking 40min
(24  50min)
2h

total 62h 55min  (since Sep 24th, 2007) day 19



k_pinkcat at 23:59コメント(7)トラックバック(0) 

August 26, 2007

今日は特に挨拶抜きです

 

英語学習をするにあたって色々なサイトを参考にされる方は多いでしょう。こんなにも英語学習法が簡単に検索できる世の中って素晴らしいと思います。

さて、今日は 「かかってこい、英会話」 というサイトを拝見した感想を書きたいです。

本気の英語学習を始めてまだ間もない私ですが、いろいろ学習する上で気づくことがあります。こうすれば効率的だ、とか、リスニングが分かるようになるってこういうことなんだ、とか。話せるようになるっていうのはきっとこういうことね、とか。自分の実体験は今後の人生にも非常に役に立つと考えています。

効率的な英語学習を進めていく上で自分よりも上級者の教えを請う事は非常にためになります。何を学ぶにも大切なコツの一つとして、教わったことを忠実に実行する、というのがあります。

いま、簡単にスルーした方のためにもう一度いいます。

教わったことを忠実に実行する

これが大切なことかたびたびあります。

なぜ、その教えに従わないとうまくいかないかとか考えずにとにかく実行してみる。その理由に時にはうまく納得いかないことがあってもとりあえずやってみる、それが大事なことってありませんか?

もちろん確固たる裏づけがあれば素晴らしいですが、中にはそこまで丁寧に指導してくださらない方もおられるので、時には、やりたくなきゃ別にやらんでもいい、と突き放されることもあるかもしれません。まあ、俺を信じてやってみぃ、的な徒弟的発想は日本文化の一つかもしれません。

徒弟的と括ってしまえば聞こえが悪いかも知れませんが、おそらくもう一つ理由があるのかも知れません。説明したところで結局理解してもらえない、ということを親方はしっているかも知れないからです。だから何も言わない。。。

(え〜と、私は何を言いたいのでしょう

今年になって私が学んだ一押しの座右の銘を紹介したいのです

 

人は物事が分かったからできるようになる

のではなく、出来るようになって初めて

そのことが分かるようになるのだ

 

ということです。残念ながらその言葉をどなたから学んだのか忘れてしまいました。スミマセン

人の理解というのは不確かなもので、分かったつもりでいても実はそこまで到達していないことが良くあります。こればかりは実際に行動しなければ分からないことが山ほどある場合があります。だからこそ経験というのは重要なのです。

いろいろな情報が氾濫する中で頭でっかちになって実際に行動できなくなることがあります。私の周囲の人間でこの人はできるな、と思わせるひとはみなバイタリティに溢れていて、よく学びそしてよく行動する人々です。どれが欠けていても出来るひとにはなれそうもないです。そして、できる人はみな明るさを心に持っている、というのが共通しているような気がします。竹田和平氏も天真爛漫であれ、と言ってますね。(え? 誰それ、って? 日本の花咲爺さんです (笑))

上記と同じような内容のことを <かかってこい、英会話> のコラム <これを知らずに英語を勉強するつもりですか?> の <No.20 英語とスポーツは一緒> に書かれています。表現は違えど同じ事を指摘しておられます。

このサイトは一回は行ったことはあったのですが、あまり良く見ていませんでした。発音を重視されることを強く勧めています。私のブログ、英語をゼロから始めるとしたら何から始める?、でもこのサイトを見る前に書いたのですが、同じ結論です。まあ、私が英語に関して感じていることなんてほかの誰かが既にどこかで言っていることだとは思いますが、英語上級者の方と同じ考えかたをしてる、と知ってなんだか嬉しくなっちゃいました。(深みは違うかも知れないけど

もう一つ、二つほど書きたいことがあったのですが今日はこの辺で

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります

 



k_pinkcat at 15:59コメント(0)トラックバック(0) 

August 25, 2007

こんにちは!
だいぶ気候もやり過ごせるようになりました。
市場も落ち着きを取り戻しつつあります
しばらくの間は上値を多少抑えられるでしょうが
底堅く推移するだろうと考えています
2年に1度くらいはこのくらいの暴落は過去にも
みられています。私の感覚も<またきた>、
という程度で比較的落ち着いていました。
長期投資家として良きパートナーを見つけていきたいものです

 

さて、英語ですよね?

最近VOA2003 に移行していることは前回述べました。中には3分も続くものがあって、終わりはまだか、まだかと思いながら聞いている自分に気づきます。

また、車の中ではDUOとスポットアナウンスメントを聞いています。

するとやはりリスニング精度が増していることに気がつきます。

これは内容を知っているための錯覚なのかな? 

と最初は思っていましたがどうやらそうではないようです。

私は意識的に聞き取りやすいものから聞き取りにくいものを順次選ぶように心がけてきました。まだ継続的リスニングを始めて間もないので、あせらず聞き取れるようになるまで何度も同じものを聞くように心がけてきました。いま、ようやくスポットアナウンスメント (SA) を始めてから1ヶ月が過ぎようとしています。総計で100時間くらいのリスニング量でしょうか?

DUOからSAへ移行したときは聞き取りに難渋しました。最初の10UNITはそれこそ50〜60回くらい聞いてもまだ良く聞き取れない、という状態でした。しかし、時が経つにつれてスピードについていけるようになり、細かい子音が<耳に残る>ような感覚が芽生えてきました。

この <<子音が耳に残る>> 感覚が非常に重要な感じがしています。

実際に発音されたタイミングより後からやってきてしばらく耳に残ってくれるんです。 なんていったらいいのだろう? 音の滞在時間が長い、とでも言うのでしょうか? うまく伝えられません。

子音がねっとりまとわりつくように発音してくれる人が中にはいますが、こういう人の聞き取りが非常に楽になりました。逆に子音があいまいな人の会話の聞き取りは難しく感じてしまいます。それと s と t の発音がだいぶ耳に残ります。いわゆる有声音が耳になじんできてるのでしょう。日本語には有声音は非常に少ないですが英語はバリバリです。英語のスピードに適度なスパイスを与えてくれます。この有声音のリズムが最近のお気に入りです

jo さんが以前、Native並みの発音をするにはどうすればいいか? について書かれていましたが、腹式呼吸で発音すると楽に有声音が出せる、ということを書かれていて、なるほどな、と感心した覚えがあります。 (jo さんは日本語も腹式呼吸だそうです。 音楽が大好きでそうなったんだろうなぁ、と容易に推測できます) 私も英語を話す際には、聞き取りやすさを重視して、この有声音を大切にしたいですね。

(話を元に戻しますと...)

DUO は完全に短文をスタジオ収録しているため雑音が非常に少ないです。また、女性の方は非常にクリアな発音をされるのでNatural Speed に近い速さで喋ってもきわめて聞き取りやすいです。最初はこんな風に意識することなどありませんでした。

SAは若干スピードアップしていますし、会話形式になっているため聞き取りにくさは増していますが、それでも広告でありますから、今ではこれでもかなり聞き取りやすい英語なんだなぁ、という気がしてきてます。雑音もほとんどありません。

いまやってるVOAニュースフラッシュ(2003)ですが、ニュースアンカーとレポーターが主に喋ってますがレポーターの音声には雑音が混ざってきていますし、会話スピードも中には非常に早いものもあります。また、各国のレポーターがいますからそれぞれ色々な発声上の特徴が見受けられます。恐らくこれでも聞き取りやすい部類の英語なのでしょう。なんせ、ニュースですから そのうち街中の雑踏で生の英語を聞くことになるでしょうがきっと今よりずっとずっとタフなものになると想像しています。

英語耳の松澤さんも出来るだけ崩れた音を聞き取る訓練をしたほうがいいと仰っているそうですが、どんな場面でも聞き取れる能力を養うにはそのような訓練は必須でしょう。いわんや、TOEICをや。聞き取れないなんてありえないのだろうなぁ... いま、私はL350ですからヒヨコもいいところです。出来るだけ早いうちに聞き取り能力の底上げをしていきたいところです。

リスニングは英語の最も基礎となるものでしょう。

なんでこの年になるまでやらなかったのだろう、と悔やまれます。学校教育で今後いっそう力を入れて取り組まなければ、この重要性は軽視され続けるでしょうね。そういった試みは既に始まっているそうですが日本の将来のために、リスニング強化、期待してます。

 

ありがと 

にほんブログ村 英語学習者

英語学習 ランキング

人気blogランキングへ

押してくださると励みになります



k_pinkcat at 11:10コメント(5)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking