iKnow

September 06, 2008

最近の取り組みといえば、着実にたまって来た  The Economist
どのように読んでいくか、という事でした。 知らない単語が多いです。
おまけに知らない経済用語も多いです。 
英語の勉強をするつもりで机に向かったのに、
いつの間にかWikipediaで経済用語を学んでたりします。
まあ、それも英語で読んでいるから、 まあ、いいか、なんて思いますが、
 そんなことよりも、早く決められた記事くらいは 読みきりたい
と思う気持ちが強いです。
 今のところ、The Economist(TE) のうち、
 "Leaders" "Finance and economics" に関わる部分は
読みきりたいと考えています。 これらの記事を読んでいくうちに
きっと慣れもでてきて時間もかからないように なってくると思うので、
体力が付いてきたら、
 Science and Technology, United States, business, Asia
 と手を広げて行きたいと思っております。
先ずは Finance and economics を読みつつ、
マクロ経済の方向性が一般的に どのように考えられているのか
を見ていきましょうか。

 基本的にこの雑誌は教科書として使ってます。
文脈型 語彙増強本みたいな感覚です。
なので、分からない単語は基本的に引きます。
まあ、私の場合、PB読んでいても 辞書を引く事は多いと思いますが、
 TEに書いてある知らない単語は とにかくとことんに調べまくっています。
それが、時間のかかっている理由です。

 辞書は次の順に引いています。
1.アルクのサイトから英辞郎 
2.OALD 
4.Merriam Webster Online
 (発音を知りたいときや 専門用語のときだけ) 


英辞郎のみで事足りるときはそれでお仕舞い。
ピンと来なければOALDも引きます。
以前はLongmanも引いていましたが、あまりにもOALDと酷似しているので
最近は引いていません。Cambridge は熟語とかに便利。
Merriam は発音、レアな単語があるのがいいですが、
ポップアップが多少うるさいのが難点。(まあ、仕方ないか。。。)
あ、それと、単語の説明の仕方を学びたいときには
Collins Cobuild-resource Pack on CD-Rom を使用しています。

問題なのは、紙の辞書のように線が引けない事です。
私は中学3年頃から、片っ端から調べた単語に線を引いていました。
参照した例文にも線を引いていました。どこを調べたかチェックしておけば、
どのくらい忘れて、どのくらい重要な単語かが一目で分かるからです。
単語を調べたページの中に、他にも線が引いてある単語があった場合は
その単語もチェックし、覚えるようにしていました。
 しかし、今は線が引けません。
仕方がないので、しばらく、Web上の記事はPDF化して、
PDF上から読み、その都度ハイライトさせて、辞書の意味を参照させていましたが、
何度も読む記事以外はあまり、有効な方法とはいえません。
やはり、単語を抜き取って、PSSに放り込んだ方がいいみたいです。
しかし、今度は、例文が入れにくい(泣)
ヒントの中に組み込むという方法もありですが、なんだかしっくりいきません。
(何か他にいい方法があるのでしょうか?)
私がプログラマーだったら、自分専用のソフトを開発したいくらいです(笑)
そんな不満を抱えつつ勉強していました。

で、最近、あーひゃさんがiKnow のサイトで私を見つけてくださり、
久しぶりにiKnow のサイトに行きました。
時を同じくしてみそじっこさんも「やっぱ、iKnowいいよね」って絶賛してたので
iKnowやらねば!、って思っていました。そうすると、

「いや、待てよ、そういえば最近iKnow はやたらと進化してるんだったよなぁ」
という事を思い出しました。定期的にメールが送られてくるので、
多少は情報をキャッチしてました。
ただ、いつもメールを確認する時間帯は仕事モードなので、
iKnowいじって「おお、こんな進化とげたんかい!」と、
いろいろ試していられる訳でもなく放置状態でした orz
(だって、今までTOEICで頭が一杯だったもん♪)

今までに関する私のiKnowの見方は以下の通り (過去記事から)
iKnowを利用されている方もたくさんいると思います。
私はiKnowのディクテーションは利用価値が 非常に高いと思うのですが、
ボキャビルという点では ちょっと疑問視しています。
理由は、iKnow のモードによる制限です。
一度コースを一通り学習した後に、 再度同じモノを利用できません。
一旦コースを削除するともう一度同じ様に学習できる
のかも知れませんが(←確認していません)、 また初めから、
あのような選択形式をとることに わずらわしさを感じています。
おそらく、システムの改善がなされ、 iKnowのモードも繰り返し利用でき、
復習の程度も一目で分かるようになるものと 予測しています。
しかし、しばらくは、復習できない、 という状態が続くかもしれません。
ディクテーションに限っては何度も利用できます。
利用者の中にはディクテーションモードしか利用していない
ツワモノもいらっしゃいました。

ははん、なるほど、上級者ならこういった 利用法もあるのか、
と感心させられた次第です。

で、この記事に対してみそじっこさんがコメント下さったのですが、
それに対する返信を次のように書いています。
そうそう! iKnowの魅力的なところは既存のシステムもなかなかいいにもかかわらず、現状に甘んじないで進化し続けているところです。 今回の記事はiKnowに否定的なのではなく、ひじょ〜〜〜に期待を込めて書きました。 (その辺のニュアンスの出し方が下手な私ですがご勘弁を)
そう、iKnowは進化を確実に続けています。
で、今回感動した進化は Bookmarklet です。
ぶっくまくんというキャラまで作ってます(笑)
↑ カワイイ奴め!

もう既に使っている方も多いとは思いますが、
一応機能について説明しますと、
Webページを表示させた後、Bookmarklet のJavaScriptを使用すれば、
表示されている英単語を解析し、iKnow登録済みの英単語を拾い出してくれます。
その後、カーソルをweb記事の英単語にポイントすれば、
ウィンドウが出て、単語の意味を示してくれます。
すなわち、簡易的な辞書として使えます。
それだけの機能なら、珍しくありません。
英辞郎にも付属しているそうですし(ちょっと使い勝手は違いますが)、
フリーウェアでそういった機能を持つものもあります。
スゴイのは、知らない単語をiKnowの自分のアカウントに登録できて、
それをiKnow のシステムを使って学べる事です。
つまり、自分のオリジナルチャンネルを作るようなものですね。
自分が読んだ事のある文が自動的に引用されるので、
吸収率は高くなるでしょう。(←ここがスゴイと思います)
以前読んだ文の内容も思いだすことが出来て、学習効果は高いです。
(英語で何かを学ぶ人にとっては素晴らしいガジェットですね。)

自分が持っているe-bookとかPDFもHTML化出来れば、
このシステムを利用できるかな?(←まだやっていません。)
Web上で読む英文に関してはPSSに再度登録する手間なんて、
これで必要なくなりました。
iKnow のシステムで学習すると、PSSに比べ、
一つの単語について時間はかかりますが、
編集の時間が必要ないので非常にお手軽です。
しかも、単語を登録していけば、
毎日リアルタイムで学習単語が増えていきますので、
TEを読んだ後、iKnowで学習、という私にとっては素晴らしいパターンが
構築されて非常に感激しています。

あ、それと、一度やったコースの復習も確か出来るようになったのではないでしょうか?
自分のうる覚えの単語だけ残したため、覚えてしまっている大半の単語は
私の履歴(学習完了アイテム)から消去されてしまいましたが、
復習可能ならまた繰り返し学べますし、わざわざ消去する必要もなさそうです。
これからは、既存のチャンネルよりも自作リストで
iKnowを思いっきり利用する事になりそうです。

ありがと 

押してくださると励みになります

にほんブログ村 英語ブログへ  人気blogランキング
英語学習ランキング  FC2 Blog Ranking

あ、最近英書が大昔に買ったハリーポッター
(邦訳が出る前(笑)最初の数ページで撃沈後、放置(爆))
だけになってしまったので
洋書を追加しました。
買う予定のなかったものを書店で購入。
値段が987円と安かったものですから衝動買いです。
ナゼ衝動買い? 私の脳は二人のブロガーに犯されてました。

Living History: Hillary Rodham Clinton

The Audacity of Hope:
Thoughts on Reclaiming the American Dream


二人って誰って?この方 と この方 (笑)
Hillary と BarackObama の映像を毎回見せられると、
私も関心持たないといけないかなぁ、って刷り込まれました。
大統領候補は確定したあとですが、今読まないときっと
一生読まないであろう、この2冊を読んでみます。

まずはHillaryから。。。






k_pinkcat at 23:22コメント(17)トラックバック(0) 
Archives
Recent Comments
Ranking Websites
英語学習ランキング

人気blogランキング

FC2 Blog Ranking

にほんブログ村 英語ブログへ


Thanks !!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Thanks !!

    Article Ranking